学士(看護学)の取得を目指す方へ
13/19

10第2区分の方は、1年以上放送大学に在籍した時点で、申請に必要な31単位以上を修得してしまっている場合もあります。先に学位授与機構に学士(看護学)の申請をしたい場合は、一旦放送大学を退学していただく必要があります。学士(看護学)の学位取得後に、放送大学に再入学していただき、引き続き放送大学卒業を目指して残りの在学期間、単位の修得をしていただければ、放送大学卒業、学士(教養)取得となります。(第1区分の場合も、先に学位授与機構に申請する場合は同様に、一旦退学していただく必要があります)放送大学卒業前に学位授与機構に申請する場合学位授与機構を利用して学士(看護学)を取得したい方が、放送大学で単位を修得する場合、学生の種類は全科履修生、科目履修生、選科履修生のどれでもかまいません。ただし、全科履修生で在学期間がまだ残っている場合は、申請するときには一旦退学していただかなければなりません。学士(看護学)のみを取得する場合の学生種学修成果について、『学位授与機構の学位授与制度を利用して学士の学位を取得するためには、大学等において所定の単位を修得するとともに、「学修成果」と呼ばれるレポート等を作成することが必要です。学位授与機構では、学士の学位取得を希望する者の学力が、学士の水準に達しているか否かを審査するための資料として「学修成果」の提出を求めています。』とあります。(学位授与機構「新しい学士への途」)学修成果は、レポートの形式で、文書作成ソフト(ワープロ)を使用する場合A4判(40字×30行)10~17ページなど、申請するにあたって求められる内容、作成上の注意点がありますので「新しい学士への途」をよく読んでご理解いただく必要があります。学修成果の作成について放送大学での指導は行っておりませんが、「卒業研究」を履修することで「学修成果」作成に活かすことも可能です。卒業研究の履修にあたっては条件がありますので「卒業研究履修の手引」を放送大学の学習センター・サテライトスペースで入手し、参考にしてください。学修成果(レポート)の作成学士取得など参考になるDVDを学習センター・サテライトスペースでご覧いただくことができます。≪参考DVD≫ •「看護師の学び方」…放送大学の学び方、学士取得、認定心理士資格取得について •「看護師の学び方2」(’13カリキュラム用)…基礎資格を有する者に該当する学校の単位の分類方法、積み上げ単位修得等について •「私の学修成果(レポート)作成について」…【体験談】学士(看護学)取得者による学修成果(レポート)作成について •「看護師のためのキャリアアップ講演会 なぜ学ぶのか、なぜ学位取得なのか、なぜ放送大学なのか」 …【体験談】学士取得者による放送大学での学び方について •「看護師としてのプロ意識~看護留学の経験から学んだこと~」…放送大学 井出 訓教授講演学士取得等について分かりやすくご説明しておりますので、ぜひ参考にしてください。学習支援ツールワンポイント学位授与機構に申請可能な単位は、「基礎資格」となる短期大学や専修学校専門課程等を卒業(修了)した後に修得した大学等の単位を指します。「基礎資格」を得る前に大学等で修得した単位は積み上げ単位には使用できませんので、あらためて大学等で単位を修得する必要があります。学位授与機構に申請可能な単位チェック!チェック!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です