学部案内
36/42

面接授業選科履修生科目履修生科目群履修認証制度資格取得科目一覧先輩の声Q&A放送大学の特徴放送大学の魅力コース紹介全科履修生学位取得学長メッセージ沿革大学院学習システムオンライン授業>>大学院 文化科学研究科35■大学院修士課程の理念高度情報化と地球規模での国際化が進む現代社会においては、より高度で実践的な専門知識と能力が求められており、高度専門職業人養成のための大学院レベルの生涯学習の場が期待されています。放送大学大学院は、このような現代の社会的要請に対応するため、職場や生活の場を離れることなく、総合的教養学に裏づけられた高度な専門的学識及び知的技能を修得できる大学院教育を提供するとともに、キャリア・ディベロップメントに資する教育を行う、「開かれた大学院」を理念としています。■目的や志向に合わせて選べる、学生の種類・プログラム 「大学を卒業し『学士』の学位を取得したので、次は大学院の修士課程を修了して『修士』の学位を取得したい」という人もいれば、「自身が興味を持ったテーマを専門的に学修したい」、「大学院のアカデミックな空気に触れたい」など、大学院を目指す理由は人によってさまざまです。放送大学大学院修士課程は、目的や志向に合わせて修士全科生、修士選科生、修士科目生の3種類の学生種から選択できます。※詳細は放送大学大学院 「修士課程案内」をご覧ください。ハイレベルな研究に学会からも熱い視線!放送大学大学院の研究が、高く評価されているのには理由があります実力派の人気講師陣と、レベルの高い修士論文放送大学大学院修士課程は2001年に発足し、その歴史はまだ15年ほどですが、学術界で高い評価を受けている講師が名を連ねていることには定評があります。講師陣を慕って毎年大勢の学生が入学し、この15年間に4,500名を超える修了生を輩出、発表された修士論文は高い評価を受けています。本当に学びたいテーマだから、多彩な研究が生まれる 放送大学大学院修士課程は、まず各個人の学びたいテーマをヒアリングし、およそ80名の講師陣の中から適切な指導ができる教員の配置に努めます。そして個別指導を進めながら具体的にテーマを絞り込んでいきます。また、研究分野の多様性と広域性も本大学院の特徴のひとつです。人生経験豊かな学生同士が触発しあう 本大学院には年齢は10代から90代まで、地域は北海道から沖縄まで、通常の大学院では例を見ない実に多様な学生が学んでいます。職業も会社員、公務員、教員、自営業、看護師など多岐に渡り、異なる人生経験や価値観を持つ仲間がお互いを刺激しあうことで、研究成果に相乗効果が生まれています。研究を持続するためのフォロー体制が充実 本大学院修士課程では、研究を持続できることが重要と考え、各地でのフォロー体制の充実にも力を入れています。例えば、全ての都道府県に設置された学習センターは、皆さんのキャンパスとして全国どこでも学べるだけでなく、転勤などの事情にも対応できます。1234

元のページ 

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です