大学院(修士課程)案内
27/36

放送大学大学院修士課程の魅力修士全科生修士選科生修士科目生プログラム紹介Q&A 評価される4つの理由学長メッセージ沿革博士後期課程入学者受入方針オンライン授業26人材養成目的/人文学プログラムは、人間が長い知的営為の積み重ねによって築き上げてきた人文学の基礎的素養をもとに、総合的な知見と判断力を生かした実践的活動のできる人材の養成を目的とします。求める学生像/◎哲学、美学芸術論、歴史学、文学、言語学、文化人類学などの人文学諸分野で蓄積され洗練されてきた研究の理論や方法を身につけることを目標としている人◎文献資料や人々の活動現場を地道に調査し分析する意欲をもつ人◎柔軟かつ積極的に多くの分野の研究成果を学びとり,多角的総合的に思考する力をもつ人人文学の基礎的素養をもとに、総合的な知見と判断力を生かした実践的活動のできる人材の養成を目指す。●在学生の属性(2016年度)どんな職業の方が学んでいるの?放送大学大学院ではさまざまな職業の方が学んでいます。人文学プログラムにはこんな職業の学生が在籍しています。青山 昌文 教授美学・芸術論①美学・芸術学研究(’13)②東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学③博士(学術)(東京大学)④放送大学助教授、日本学術振興会委員等⑤美学・芸術論が専門です。芸術の分野としては、美術・デザイン・建築等の視覚芸術が主たる研究対象ですが、オペラ・ミュージカル等の舞台芸術にも強い関心を持っています。また、料理をも芸術と考えています。プラトン、アリストテレス、ディドロの美学、ロマネスク美術、ルネサンス美術、ロココ美術、現代芸術等が主な個別の関心領域です。⑥上記のほか、美術批評、料理文化論、比較文化論等も指導します。杉森 哲也 教授日本史学①日本史史料論(’15)②東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学③博士(文学)(東京大学)④東京大学文学部助手、公益財団法人史学会理事等⑤日本史学は、古代史・中世史・近世史・近代史の4つの専門分野に分けられ、私はこのうち近世史(16世紀後期~19世紀中期)を専門としています。主な研究テーマは、近世の都市社会の構造について検討する都市社会史です。⑥近世史の枠内であれば、諸テーマの指導が可能です。●人文学プログラムに在籍する学生の皆様(2016年度参考データ)魚住 孝至 教授哲学・日本思想①道を極める-日本人の心の歴史(’16)②東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学③博士(文学)(東京大学)④国際武道大学教授、文部科学省教科用図書検定審議会委員、実存思想協会理事、日本倫理学会編集委員、国際日本文化研究センター共同研究員等⑤日本思想・実存哲学が専門です。禅・芸道・武道等の修行によって開かれる世界に関心を持っています。また存在への問いにより古代以来の西洋哲学を克服し「新たな原初」への移行の準備を目指したハイデガーを研究、後期の「放下」は現代文明への根源的な批判であり、日本の思想に通じるところがあります。東西に学んで、新しい哲学を共に考えたいと思っています。⑥日本思想、身体論、実存哲学等を中心に指導します。人文学プログラム教員 16%その他 10%公務員・団体職員等 13%自営業・自由業 9%アルバイト等 2%専業主婦(夫) 6%会社員等 24%定年等退職者 20%会社員(音楽関連企業)鍼灸院勤務大学・非常勤講師銀行勤務会社員日本語教師NPO法人経営会社員(病院勤務)工具メーカー勤務会社員図書館員旅行会社勤務会社員50歳代 男性30歳代 男性50歳代 女性40歳代 男性40歳代 女性70歳代 男性40歳代 男性20歳代 男性40歳代 男性60歳代 女性フリーライター会社員(運輸関連企業)会社員(保健関連会社)会社経営者税理士事務所勤務教育関連企業会社員自動車メーカー勤務大学職員日本語教師博物館研究員50歳代 男性50歳代 男性50歳代 女性60歳代 男性70歳代 女性50歳代 女性50歳代 男性40歳代 男性40歳代 男性50歳代 男性近藤 成一 教授日本中世史・古文書学②東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了③博士(文学)(東京大学)④東京大学史料編纂所教授、ハーヴァード大学燕京研究所共同研究員(2003-2004)、ボン大学客員教授(2012)、山口県史編纂委員会専門委員(中世部会)(1998-2012)、歴史科学協議会理事・編集長(2007-2010)⑤日本中世史、特に鎌倉時代の政治史を専門に研究しています。2016年4月に本学に着任する以前は、東京大学史料編纂所に34年間在職し、『大日本史料第五編』を9冊刊行しましたが、収録できたのは1248年10月から1251年7月までの35か月間分です。可能な限り網羅的に史料を調査するという仕事をしてきました。細部まで徹底的に探究するとともに、それを大きな視野に位置づける研究を心がけたいですね。⑥責任をもって指導できるのは日本中世、特に鎌倉時代ということになりますが、できるだけ守備範囲を拡げていくつもりですし、適切な助言者を紹介することも検討しますので、まずは何でもご相談ください。①担当科目 ②最終学歴等 ③取得学位 ④主な職歴、社会貢献等 ⑤メッセージ ⑥指導可能なテーマ専任教員の紹介 ※2016年10月現在宮下 志朗 特任教授フランス文学・書物史①中世・ルネサンス文学(’14)アフリカ世界の歴史と文化(’13)-ヨーロッパ世界との関わり-②東京大学大学院人文科学研究科修士③文学修士(東京大学)④中央大学助教授、東京都立大学教授、東京大学教授(駒場)、東京大学名誉教授、日本仏語仏文学会副会長等。⑤フランスを中心に、中世・ルネサンスの文学・社会を研究していますが、「書物の文化史」も専門分野です。翻訳は、ラブレー『ガルガンチュアとパンタグリュエル』(ちく ま文庫、全 5 巻、読売文学賞、日仏翻訳文学賞)、モンテーニュ『エセー』(白水社、全7巻)と、16世紀の2大古典を終えることができました。⑥フランスやイタリアの文学・歴史、書物・出版の歴史、翻訳論など。島内 裕子 教授国文学①国文学研究法(’15)②東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学③博士(文学)(東京大学)④森鴎外記念会評議員⑤『徒然草』の幅広い影響力を、古典から近代までの文学作品だけでなく、芸術や思想の領域においても博捜し、その文化史的意義を考え、そのことによって、日本文学の全体像を把握することをめざしている。また、『徒然草』や『方丈記』などの外国語への翻訳を通して、世界の中の日本文学についても研究を進めている。⑥国文学全般。

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です