大学院(修士課程)案内
7/36

放送大学大学院修士課程の魅力修士全科生修士選科生修士科目生プログラム紹介Q&A 評価される4つの理由学長メッセージ沿革博士後期課程入学者受入方針オンライン授業06 本大学院修士課程では、研究を持続できることが重要と考え、各地でのフォロー体制の充実にも力を入れています。例えば、全ての都道府県に設置された学習センターは、皆さんのキャンパスとして全国どこでも学べるだけでなく、転勤などの事情にも対応できます。 放送授業を見逃した場合や繰り返して学習したい時に、自分の都合に合わせてインターネットや学習センターの設備で再視聴できるほか、メディア等を用いた研究指導を利用して、多忙な仕事や育児と両立させた修了生も数多くいます。一般の大学院には無いフォロー体制を最大限に活用して、研究成果を挙げてください。 なお、放送授業番組の制作や印刷教材の原稿執筆は、社会的な要請や学習者ニーズの変化に速やかに対応できるよう、本学において全て独自に行っています。修了生からのメッセージ霜田 一将さん船内からゼミに参加し、各地でレポート提出 良い恩師・仲間に支えられた学生生活でした。乗船勤務中の高松港着岸中に、船内から低速な3G回線でWEBシステムに接続し、ゼミに参加したことを思い出します。また入港する各港から各地の学習センターに出向き、レポートなどの作成を行いました。乗船勤務中で単位認定試験を受験することができず、何度か悔しい思いもしましたが、職場の理解もあり、学習を継続することができました。船員のような陸から離れた仕事をする者に、学ぶ環境・機会を与えて下さった放送大学と職場の皆様に感謝しております。修了生からのメッセージ澤井 映美さん2013年度 生活健康科学プログラム修了●論文テーマ「静脈留置針で採血する際の注射器操作訓練に関する研究」休日の研究指導とゼミで仕事も続けられました 看護師の私は、工学的な手法を学びながら看護技術の解明をしたいと思い、放送大学大学院でご指導を受けることになりました。理系科目の素養が乏しい私に、測定機器の組み立てや使用方法などを根気強く説明して下さったのが印象深い思い出です。インターネットを利用しての研究指導も特に不自由さを感じることはなく、ゼミも休日にしていただけたので仕事も続けられました。単位認定試験の日に偶然昔の先輩に再会し、その先輩のご紹介で看護学生に被験者をお願いできたのも放送大学が結んでくれたご縁だと思います。4●採用面接時の志願者の非言語行動が第一印象 に与える影響 -表情・視線・うなずきの視点から-●巨大コンピュータシステム時代のサーバ管理  技術の研究●図書館の書架上資料の配架ミス調査と不 明資料の探索方法の考察●学習者が自作するEラーニング教材の活用 とその教育効果に関する実証的研究●数学授業におけるつまずき指導支援のため のICT活用による授業モデルの提案●類似Webページの活用方法に関する研究 ~類似度計算方法の工夫~●マンドリンの演奏音に含まれる超高周波成 分に関する検討●リーマン・ゼータ関数と素数定理の誤差項の 評価の研究●確率微分方程式についての研究 無裁定 理論への応用●トキの繁殖に関る環境のしくみについて●人工化学物質の(悪)影響についての考察●プランクトンの定量分析と海水成分との相関 関係の調査レポート●川内川流域における豪雨災害とその対策に 関する研究 ~治水と親水の両立に向けて~研究を持続するためのフォロー体制が充実●論文テーマ「小型船舶と大型船間における通信に関する考察」2014年度 情報学プログラム修了

元のページ 

page 7

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です