大学院(博士後期課程)案内
19/24

17学修・指導上の特色学位取得までのプロセス履修カリキュラムプログラム紹介チームによる研究指導体制学長メッセージ沿革人材養成と入学者受入方針博士後期課程の教育目的Q&A 特定研究基盤研究■履修モデル(例)●対象となる学生在野の地方史研究家●テーマ織豊体制下の庶民生活●授業科目(1)基盤研究科目(メジャー) 人文学特論(1年次前期履修) 歴史学・人類学研究法 (1)「日本史学研 究法」(1年次後期履修)(2)所属プログラム以外の基盤研究科目 (マイナー) 数理・情報研究法 (4) 「知識情報処理研究 法」(2年次後期履修)(3)特定研究科目(メジャー) 人文学特定研究(1年次~修了まで履修)●教育研究上の特色居住している地域の歴史的資源、とりわけ中近世武士社会における庶民の生活(生産・消費活動、日常生活)に関する史料をもとに、織田・豊臣政権期という地域経済の大きな転換期に農民あるいは都市商工民がどのように生きていたか、そのことにどのような意味があったかについて、実証的、体系的に考察を進める。そのため、すでに活字化された史料のみならず、地域に散在する第1次史料や伝承等を発掘し、その膨大なデータを数理統計的な手法を応用して分析・解析することで、地域史に新たな発見と視点を提供しうる研究能力を養成する。●その効果研究的創造性と独自性、理論と方法論を基礎に置き、地域社会とその歴史に根ざした高度な歴史研究を行い、多くの学術的成果を学界に公開し続けうる人材の養成。●学位 博士(学術)●修了後の進路在野の地方史研究家・大学等の歴史関連科目の講師・生涯学習諸機関の上級講師・研究所等の研究員杉森 哲也 教授日本近世史①東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学②博士(文学)(東京大学)③東京大学文学部助手、公益財団法人史学会理事等④卒業論文や修士論文で適切な研究課題を継続的に積み上げてきた経験と、その成果を学術誌に公表してきた実績を求めます。博士後期課程では、これまでの研究の経験と実績を基盤として、さらに高度な研究を進展させることを基本的な課題とします。⑤日本史のうち、近世史の諸テーマの指導が可能です。 内堀 基光 教授社会人類学民族学①東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得後退学②Ph.D. (Anthropology)(The Australian National University 1979)③東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授・所長、一橋大学名誉教授、日本文化人類学会理事・評議員、日本学術会議連携会員等④博士学位の取得には、自ら調査し、自ら考えて研究を進めていくことが求められるのは当然ですが、加えて研究分野の現在における理論の最前線についての感受性も求められます。したがって学術英語の読解力は必須です。⑤アジア、アフリカ地域の社会・文化に関わる諸トピック。社会人類学、民族学の主要テーマに関わる理論的研究。⑥平成29年度末退職(予定)稲村 哲也 教授文化人類学①東京大学大学院社会学研究科博士課程(文化人類学専攻)単位取得退学②社会学修士(東京大学)③愛知県立大学教授・同多文化共生研究所所長、日本学術会議連携会員(現)、名古屋大学客員教授(現)、博物館リトルワールド客員研究員(現)④アンデス、ヒマラヤ、モンゴルなどで現地調査に従事。また、博物館リトルワールド設立に携わり、本館展示、野外展示(ネパール寺院、ペルー大農場主邸、アイヌ家屋など)を企画実施。これらの経験を活かし、主にフィールドワークをベースとした研究を指導します。⑤文化人類学(牧畜文化、高地文化、生態人類学、中南米の先史・先住民文化など)、博物館学(主に民族学・人類学系)⑥平成29年度末退職(予定)佐藤 良明 教授英語圏文学①東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学②修士(文学)(東京大学)③東京外国語大学助教授、東京大学教授、NHK英会話講師、ポピュラー音楽学会会長、表象文化論学会会長。④博士後期課程における文学/文化研究では、幅広い教養に基づき、対象とする作品を原語で深く理解した上で論点を絞り、そのテーマに関する国際学術社会の研究成果の上に、新たな知見を積み上げることが求められます。⑤英語圏の文学および周辺ジャンルの研究者で、博士論文を自ら執筆される方の相談に乗り、執筆の支援を致します。⑥平成30年度末退職(予定)平成29年度入学の博士全科生は主研究指導教員として希望できません。

元のページ 

page 19

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です