認定心理士
19/20

17Q8i領域に該当する放送授業科目の認定単位は「基本主題」「副次主題」のどちらですか。A8i領域には「基本主題」「副次主題」の区別はありません。大学で修得した単位数が、そのまま認定単位数になります。(ただし「卒業論文」及び「卒業研究」の認定単位数は4単位です。) ⇒ 関連 Q9Q9全科履修生の「卒業研究」の単位は、認定心理士の申請に利用できますか。A9心理学的なテーマを、心理学を専門分野とする教員が指導した場合に利用できます。所属が「心理と教育コース」であっても、指導教員の専門分野が心理学でない場合は認定心理士申請の単位として認められませんので、ご注意ください。Q10科目名が同じで開講年度が異なる科目を履修する場合、両方の単位が認められますか。A10<放送授業> 科目名が同じであっても、履修制限がかかっていない場合は、両方の科目を履修することができ、認定心理士の申請でも両方の単位が認められます。(例)「心理学研究法(’08)」と「心理学研究法(’14)」なお、履修制限がかかっている場合は、科目登録ができないため、1科目しか履修できません。<面接授業> 過去5年以内に単位を修得した面接授業と全く同じ科目名の授業を申請した場合は、科目登録ができないため、履修できません。 5年経過後には、全く同じ科目名の面接授業を履修できるようになりますが、授業内容が類似している場合は、再度履修しても1科目分しか認定されない可能性があります。履修の際はご注意ください。特に、c領域の実験・実習科目は、経験する実験課題が重複しないようにご注意ください。Q11科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)の「心理学基礎プラン」は、認定心理士の資格と何か関係がありますか。A11科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)は、プランごとに指定された授業科目群の中から所定の単位以上を修得した方に、ある分野の学習を体系的に行ったことを放送大学が証明し、認証状やカードを発行する制度です。「心理学基礎プラン」の授業科目群は、認定心理士の対応科目のうち基礎的な内容の科目を多く含んでいますので、初めて心理学を学ぶ方は、まずは「心理学基礎」の認証状取得を目指して学習を進めてみるのもよいでしょう。 「心理学基礎プラン」の対応科目は、P.7「認定心理士対応科目表」に○印で示してあります。認証状取得のために修得した単位は認定心理士資格取得や卒業のためにも利用できますので、まずは認証状取得のための所定の単位、次に認定心理士資格取得に必要な36単位、さらには卒業に必要な124単位、というように、徐々に目標をステップアップしていくことも可能です。なお、認証状取得は、認定心理士資格取得のためには必須ではありませんので、希望者のみ申請してください。 科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)についての詳細は、学習センター等で配布しているパンフレットをご覧ください。また、放送大学ホームページにも情報を掲載しています。Q12大学院で修得した単位は、申請に利用できますか。A12大学院で修得した科目は、主に選択科目(d~h領域)として利用できます(ただし、例外としてb領域として利用できる科目もあります)。どの科目が資格取得に利用できるかについては、「認定心理士資格取得対応項目一覧」でご確認ください。なお、様式3「心理学関係科目修得単位表」に大学院科目を記入する際には、P.9「記入上の注意」の9を参照してください。Q13短期大学で修得した単位は、申請に利用できますか。A13放送大学では、短期大学で修得した単位は申請に利用できません。また、放送大学への編入学の際に既修得単位の認定を受けた単位であっても、短期大学で修得した単位は、認定心理士の申請には利用できませんのでご注意ください。Q14他大学で修得した単位は、申請に利用できますか。A14他の大学や大学院で修得した単位が申請に利用できるかどうかは、単位を修得した大学・大学院でご確認ください。どうしても判断できない場合は、当該科目を様式3「心理学関係科目修得単位表」などにご自身で記入し、シラバス・成績証明書・返信用封筒を添えて本学へご送付ください。(送付先P.15参照)Q15閉講科目の対応領域の確認方法を教えてください。A15放送大学ホームページ「年度別資格取得対応項目一覧」で確認してください。Q16旧基準と新基準のどちらで申請した方がよいですか。A162018年度第1学期までに認定心理士資格申請の単位が全て修得可能な場合は、できるだけ旧基準で申請をしてください。2019年3月31日 日本心理学会必着分までは、旧基準での申請が可能です。旧基準での本学担当教員への証明依頼は、2019年1月5日大学本部連携教育課資格取得支援係必着分で受付を終了します。旧基準での申請を希望される方は、早めに証明を依頼してください。日本心理学会に旧基準で申請する場合は、「日本心理学会認定心理士資格申請の手引き 第4.1版」を参照し、旧基準の申請書類で申請をしてください。 これから認定心理士資格取得の準備を始めようという方は、新基準で申請する可能性が高いと思われますので、P.10の「新基準の申請について」を参照して学習を進めてください。

元のページ 

page 19

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です