認定心理士
5/20

3 学生の種類・学費>>>>> 学生の種類は3種類あります。目的や在学年限に合わせて、学生の種類を選んでください。(⇒P.16「FAQ」Q1、Q2、Q5参照)●平成29年度 入学料・授業料学生の種類入学料授業料全科履修生卒業を目指す 最長10年間在学可24,000円放送授業1科目(2単位) 11,000円面接授業1科目(1単位) 5,500円オンライン授業1科目(1単位または2単位)5,500円または11,000円選科履修生好きな科目を履修 1年間在学9,000円科目履修生好きな科目を履修 半年間在学 7,000円 放送大学で認定心理士に必要な36単位を2年間で修得する場合>>>>> 3.認定心理士資格取得に必要な学費について<1年目> 第1学期 放送授業4科目 第2学期 放送授業4科目、面接授業2科目 年間合計10科目(18単位)修得<2年目> 第1学期 放送授業4科目、面接授業2科目 第2学期 放送授業4科目 年間合計10科目(18単位)修得2年間で合計20科目(36単位)修得認定心理士に必要な36単位以上の履修例※全て「基本主題」を選択した場合(P.4参照)認定心理士に必要な単位を修得するまでにかかる費用※全て「基本主題を選択した場合(P.4参照)入学金 24,000円 (全科履修生)授業料 198,000円 (1単位5,500円×36単位)合 計 222,000円 です。※放送授業の授業料は1科目11,000円(2単位)、 面接授業の授業料は1科目5,500円(1単位)です。(これは履修モデルです。必ずしもこのとおりに履修する必要はありません。)審査に合格すれば認定心理士の資格取得!【1年目】 全科履修生として入学【2年目】各学期、放送授業・面接授業合わせて4~6科目程度登録(年間18単位以上)1年目と同様に登録(合計36単位以上)認定心理士に必要な36単位以上修得日本心理学会に申請⇒全て「基本主題」を選択した場合です。「副次主題」を選択した場合は、これよりも必要科目数が多くなる場合があります。(P.4参照)【注意】・ 放送大学の卒業を目指す場合は、必ず「全科履修生」として入学します。認定心理士資格取得に必要な単位を卒業要件に生かすには、「心理と教育コース」を選択するとよいでしょう。なお、本学を卒業して学士の学位を取得し、更に、旧基準での申請を希望される方は、P.5をご確認ください。・ 卒業を目指さない場合、いずれの学生種でも構いません。科目を履修するのに必要な期間、面接授業の履修を希望するか否か等によって決めてください。・ 旧基準で申請するには、2018年度第1学期までに申請に必要な36単位を修得している必要があります。・新基準と旧基準では申請に必要な単位数が異なります。詳しくは、P.10をご確認ください。

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です