エキスパート
28/66

2612 コミュニティ学習支援 自らの学習体験を踏まえて地域社会の学習者を支援できる技量の習得を目指します。現代の地域社会にあっては、年齢や性別、職業等を問わず、種々さまざまな学習活動が展開されている。しかし、そうした学習機会は必ずしも体系的であるとは言えず、学習を効果的に進めるには困難を伴うため、十分な知識と経験を持った学習支援者の存在が強く求められている。本プランでは、地域社会(コミュニティ)そのものの理解及びそこでの学習活動のあり方の理解を基礎に、自らの学習体験を踏まえて学習者を有効に支援する技量の習得を目標とする。*授業内容の例地域社会の教育的再編(’12)家庭・学校が人間の共同生活の場としての「地域社会」とどのように関連しているか、「地域教育」および「コミュニティ教育」といった視点から明らかにしていく。生涯学習を考える(’17)生涯学習について、その基本的な意味がどんなのものであり、どのようにして、またどんな背景の元に形成されたのか、その基本的な理念は時代とともにどう変化してきたのか、さらに、現在、具体的場面でそれがどう実施されているのか、そこにどのような問題点があるのか、今後生涯学習はどのように展開していくのか、といった観点から、多角的に考えていく。移動と定住の社会学(’16)近代社会の特徴の一つは、人の「移動」である。本科目では、現代社会を、人の移動と定住という観点から社会学的に解読していく。社会心理学(’14)著名な社会心理学の書籍とその中に記されている研究を、幅広く紹介しながら、社会的動物である人間の行動や認知、他者と共に生活することの意味・影響について考えていく。

元のページ 

page 28

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です