エキスパート
32/66

3014 アジア研究プラン現代の世界におけるアジアの重要性、日本に対する社会的要請等を学び、アジアへの関心を深めます。アジアを東アジアから西アジアにいたる広い範囲でとらえ、各地域と学問分野を横断し、アジアを多様な視点から包括的に学ぶ。現代の世界におけるアジアの重要性、日本における社会的要請、及び学生の関心の所在に、放送大学の幅広い科目群と教授陣が応える社会的意義は大きい。*授業内容の例グローバル化と私たちの社会(’15)グローバリゼーションは、世界全体に大きな影響を及ぼし始めている。日本においても、どのように対処すべきか考える時が来ている。そこで、手始めに、社会と産業コースに所属教員全員でこの問題を議論する科目を開設する。アジアの社会福祉と国際協力(’14)アジアの社会福祉の現状と課題を主要分野(貧困、不平等、子ども、女性、障害、難民など)ごとに取り上げる。現代の国際政治(’13)本科目の二つのキーワードは、アメリカとイスラムである。イラクとアフガニスタンの戦争の負担が大きな要因となり、アメリカの一極覇権は衰退した。全体を通じて21世紀の国際政治の新しい風景を描きだす。歴史からみる中国(’13)古代から現代に至る中国史について、今日の日本人が知っておくべき事柄を時代順に紹介する。仏教と儒教(’13)まず仏教と儒教の源流を明らかにし、日本においてどのような変遷をたどったのか、それぞれの時代の思想を辿りつつ検討する。さらに、国学や神道思想に関しても検討を加える。

元のページ 

page 32

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です