エキスパート
54/66

5225 人にやさしいメディアデ メディアの扱い方と、人を中心にしたそのデザインに関する基礎知識を学びます。情報社会ではさまざまなメディアが利用され、互いに融合し、新たな価値が生み出されている。こうしたメディアと人とを上手に結びつけるには、その設計や仕組みが人の行動や特性に基づいて人間の側から考えられていることが重要である。本プランは、メディアの扱い方と、その人間を中心にしたデザインに関する基礎知識を獲得し、有効に活用できるようになることを目指す。*授業内容の例ユーザ調査法(’16)ハードウェアやソフトウェア、サービス、そしてシステムを私たちにとって便利で使いやすいものとするためには、情報機器を利用するユーザについての的確な理解を得ることが大切であり、そのための調査法を多面的に取扱い、情報学のための研究方法の基礎として位置づける。情報社会のユニバーサルデザイン(’14)情報や教育のアクセシビリティを中心に、国内外の状況、支援技術やユニバーサルデザインの状況を理解し、高齢化、情報化の進む21世紀における人間と情報の在り方について考える。日常生活のデジタルメディア(’14)デジタルメディアの普及により、我々の日常生活がどのように変わってきているのか、変わりつつあるのか、また、変えていかなければいけないのか、この講義では、デジタルメディアの特性というものを理解しながら考えていく。産業とデザイン(’12)町づくりや企業経営に参画し、関心を持つ人々に、町づくりと産業におけるデザインの重要性について認識してもらう事を目的とした講義。

元のページ 

page 54

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です