教員免許状及び各種資格について
27/46

-26-放送大学における対応科目科目登録の前に、P.10の「放送大学を利用した教員免許状の取得についての注意」をお読みください。参考法令<教育職員免許法施行規則第18条>免許法令に定める科目放送大学における対応科目 〔注1〕中心となる領域含む領域第1欄特別支援教育の基礎理論に関する科目特別支援教育基礎論(’15) 心第2欄〔注2〕特別支援教育領域に関する科目心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目知的障害教育総論(’15) 心知的障害者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目肢体不自由児の教育(’14) 心肢体不自由者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目第3欄免許状に定められることとなる特別支援教育領域以外の領域に関する科目心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目特別支援教育総論(’15) 心重複・LD等領域視覚障害者聴覚障害者知的障害者肢体不自由者病弱者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目科目区分の凡例〔大 学〕 心 心理と教育〔注1〕以前に放送大学で開設していた「特別支援教育に関する科目」については、P.42のQ13を参照〔注2〕 第2欄「特別支援教育領域に関する科目」の必要単位数は、都道府県教員委員会によって異なります。放送大学の放送授業は1科目2単位ですので、必要単位数が1単位もしくは2単位の都道府県では、「知的障害者領域」を希望される方は「知的障害教育総論(’15)」を、「肢体不自由者領域」を希望される方は「肢体不自由児の教育(’14)」を履修してください。必要単位数が3単位の都道府県では「知的障害教育総論(’15)」及び「肢体不自由児の教育(’14)」の両科目を履修する必要があります。なお、両科目の単位を修得すれば、2領域の免許状が取得できます。〔注3〕心理等に関する科目…心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目〔注4〕教育課程等に関する科目…心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目(例1)小学校、中学校、高等学校又は幼稚園教諭の普通免許状をお持ちの方が、放送大学を利用して特別支援学校教諭の二種免許状を取得する場合小学校、中学校、高等学校又は幼稚園の教諭の普通免許状を取得した後、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、幼稚園又は特別支援学校のいずれかの学校において、最低3年間在職し良好な成績で勤務した旨の証明が必要です。併せて、当該免許状(所用資格免許状)を取得した後、大学において最低6単位修得する必要があります。(例2)知的障害者教育領域の定めを受けた特別支援学校教諭二種免許状をお持ちの方が、肢体不自由者教育領域の定めを追加する場合 〔注1〕特別支援学校又は幼・小・中・高等学校の教員として1年以上の実務経験〔注2〕が必要です。併せて、第2欄の肢体不自由者教育領域に該当する科目を1単位以上修得する必要があります。(例3)盲学校教諭又は聾学校教諭の二種免許状をお持ちの方が、知的障害者教育領域及び肢体不自由者教育領域の定めを追加する場合 〔注3〕特別支援学校又は幼・小・中・高等学校の教員として1年以上の実務経験〔注2〕が必要です。併せて、第2欄の知的障害者教育領域及び肢体不自由者教育領域に該当する科目を各1単位以上修得する必要があります。〔注1〕教育領域を追加する場合は、所有する特別支援学校教諭免許状を発行した教育委員会へ申請する必要があります。〔注2〕特別支援学校教諭二種免許状取得前の実務経験も含むことができます。〔注3〕 放送大学では知的障害者教育領域及び肢体不自由者教育領域の2領域にのみ対応しているため、養護学校教諭の一・二種免許状をお持ちの方は、放送大学では新たな領域の追加はできません。平成29(2017)年度 特別支援学校教諭の免許状

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です