教員免許状及び各種資格について
43/46

-42-平成29(2017)年度 FAQ(よくあるご質問) (参考)「教育職員免許法施行規則第66条の6に定める科目」の対応科目文部科学省令に定める科目放送大学における対応科目(一種・二種・専修免許状取得に利用できる科目)日本国憲法事例から学ぶ日本国憲法(’13) 産体育運動と健康(’13) 基体育実技〔注1〕〔注2〕 保外国語コミュニケーション英語で描いた日本(’15) 外ドイツ語Ⅰ(’15) 外Walking with Writers(’16) 外ドイツ語Ⅱ(’15) 外英語事始め(’17) 外韓国語Ⅰ(’16) 外フランス語入門Ⅰ(’12) 外韓国語Ⅱ(’16) 外フランス語入門Ⅱ(’12) 外初歩のイタリア語(’17) 外初歩のスペイン語(’17) 外情報機器の操作遠隔学習のためのパソコン活用(’17) 基科目区分の凡例〔大 学〕 基 基盤科目、外 外国語科目、保 保健体育科目、産 社会と産業教員免許状の取得には、「1区分1科目2単位」合計8単位の修得が必要です。詳細は、都道府県教育委員会でご確認ください。(参考)教育職員免許法施行規則第66条の6免許法別表第一備考第四号に規定する文部科学省令で定める科目の単位は、日本国憲法二単位、体育二単位、外国語コミュニケーション二単位及び情報機器の操作二単位とする。〔注1〕 放送大学では、「体育実技」は全科履修生の選択科目となっております。各地で社会体育事業等として行われている各種の体育・スポーツ教室などに参加することにより、単位を認定します。選科履修生及び科目履修生が履修できませんのでご注意ください。なお、放送大学の「体育実技」は1単位です。(その他の放送授業は、1科目2単位です。)〔注2〕「体育実技」は認定通信教育の認定科目(教科に関する科目)ではありませんので、ご注意ください。Q13 以前放送大学で養護学校教諭に関する科目を一部修得しましたが、特別支援学校教諭免許状の取得に利用できますか。A13 利用できます。以前に放送大学で開設していた「特別支援教育に関する科目」については、以下の表のとおりです。免許法令に定める科目放送大学における対 応 科 目中心となる領域含む領域第1欄特別支援教育の基礎理論に関する科目障害児教育論(’02)発達障害教育論(’06) 〔注3〕特別支援教育基礎論(’07)特別支援教育基礎論(’11)第2欄特別支援教育領域に関する科目心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目 〔注1〕発達障害児の心と行動(’02)知的障害者肢体不自由者発達障害児の心と行動(’06)知的障害者肢体不自由者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目 〔注1〕障害児教育指導法(’02)知的障害者発達障害の教育支援法(’06)知的障害者視覚障害者聴覚障害者肢体不自由者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目 知的障害教育総論(’10)知的障害者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目肢体不自由児の教育(’10)肢体不自由者知的障害者病弱者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目第3欄〔注2〕免許状に定められることとなる特別支援教育領域以外の領域に関する科目心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目特別支援教育総論(’07)重複・LD等領域視覚障害者聴覚障害者知的障害者肢体不自由者病弱者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目特別支援教育総論(’11)重複・LD等領域視覚障害者聴覚障害者知的障害者肢体不自由者病弱者心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目〔注1〕 第2欄「特別支援教育領域に関する科目」は、「心身に障害のある幼児、児童又は生徒の心理、生理及び病理に関する科目」から1科目、「心身に障害のある幼児、児童又は生徒の教育課程及び指導法に関する科目」から1科目の計2科目修得することにより、「知的障害者領域」の免許状が取得できます。〔注2〕平成18年度以前は第3欄は存在していなかったため、「特別支援教育総論(’07)」より古い科目はありません。〔注3〕 「発達障害教育論(’06)」は平成18年度に閉講しました。平成19年度第1学期に再試験によりこの科目の単位を修得した方は、第1欄の単位として利用することはできず、第2欄の単位として認定されますのでご注意ください。

元のページ 

page 43

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です