学士(看護学)の取得を目指す方へ(追補版)
14/17

11認定心理士の取得放送大学卒業を目指しながら、または学士(看護学)取得を目指しながら認定心理士の資格の取得も目指すことができます。認定心理士の資格を取得するためには、以下の条件を満たしていることが必要です。・ 放送大学を卒業するまでの間に認定心理士の資格取得に必要な所定の36単位以上も併せて修得します。放送大学を卒業し学士(教養)を取得した後、認定心理士の申請を行います。・ 放送大学などの大学を卒業していなくても、学士(看護学)などを取得している場合、認定心理士の資格取得に必要な所定の36単位以上を修得すれば、認定心理士の資格を申請することができます。大学(大学院)を卒業(修了)し学士(修士)の学位を取得大学(大学院)で所定の36単位以上を修得① 放送大学卒業に必要な在籍期間2年以上、62単位以上を卒業要件を満たしながら修得します。  自コース以外の科目も修得することができますので、認定心理士の所定の36単位を含めて効率よく単位を修得していきます。② 認定心理士の科目は認定要件の基礎科目から12単位以上、選択科目から16単位以上修得します。残り8単位はどのグループから修得してもかまいませんが、全体で36単位以上の認定単位数を修得していなければなりません。また、放送大学の科目の単位数と認定心理士の科目としての単位数は異なることがありますので、認定単位数(基本主題、副次主題)を確認して単位を修得してください。(放送大学で発行している「認定心理士資格取得の手引き」も併せてご覧ください)③ 卒業するまでに認定心理士の所定の単位が修得できなかった場合は、卒業後に再入学し、必要な単位を修得してもかまいません。認定心理士の今年度開講中の対応科目は12ページをご覧ください。【例】放送大学に3年次編入学(生活と福祉コース選択)、認定心理士に必要な所定の単位も修得する場合放送大学を卒業後、日本心理学会に認定心理士の申請をします放送大学に2年以上在学認定心理士の資格も取得したい場合

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る