学士(看護学)の取得を目指す方へ(追補版)
3/17

1“学士の学位とは、一般に、大学の学士課程(学部)を卒業した者に対して授与される公的な称号のことをいいます。わが国の大学の学士課程では、特定の専攻について専門の学芸を体系的に履修するとともに、幅広く深い教養および総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養することが求められています。つまり、学士の学位は、このような能力を身につけたことの証として、大学によってその卒業者に授与されることが通例です”と、独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構(以下を学位授与機構とする)の発行する「新しい学士への途」にあります。1学士の学位とは?大学改革支援・学位授与機構の学位授与制度を利用して学士(看護学)の学位を取得したいと考えている看護師のみなさまから、よくお問い合わせいただく点についてまとめました。制度の基本的なことから放送大学で修得できる科目までご説明しています。ぜひご覧いただき、ご自分の目標達成のためにお役立てください。まずは基本的なことについて確認してみましょう!まず「放送大学を卒業し学士(教養)を取得する」ことについてご説明します。全科履修生として入学、所定の124単位以上を修得し、4年以上在学すると卒業です(編入学を除く)。卒業時に放送大学より学士(教養)の学位が授与されます。(図─①)それとは別に「学位授与機構を利用して学位を取得する」には、基礎資格を有する者※に該当した後、大学等(複数も可)で所定の単位を修得し、「学修成果(レポート)」の作成、学位授与機構に申請、試験を受け、審査に合格することで、学位授与機構から学士の学位を授与されます。(図─②)※基礎資格を有する者については次ページに詳しく記載されていますので必ずご確認ください。2放送大学を卒業することと、学位授与機構を利用して学士の学位を取得することの違いは?図─① 放送大学を卒業する図─② 学位授与制度を利用して学位を取得する放送大学(所定の124単位以上修得)放送大学で4年以上にわたり卒業要件を満たす卒業 学士(教養)の学位取得(放送大学が授与)基礎資格を有する者に該当放送大学等(複数も可)で所定の単位修得基礎資格を有する者に該当する学校の単位(各自)学修成果作成学位授与機構に申請審査に合格すると学士の学位取得(学位授与機構が授与)+

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る