学部授業科目案内
103/136

101自然と環境コース 導入科目自然と環境コース(注)「放送メディア、放送時間」欄については1頁を参照してください。(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています。)(注)単位認定試験の平均点については平成28年11月1日現在での過去2学期(27年度第2学期、28年度第1学期)分を掲載しています。(注)オンライン授業科目のうち、単位認定試験を行わないものについては、再試験はありません。(注)放送授業科目の放送期間は概ね4年間です。(放送期間は事情により変更することがあります。)科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位放送メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(1234234)初歩からの生物学('14)〈210〉松本 忠夫(放送大学客員教授)二河 成男(放送大学教授)※この科目は「初歩からの生物学('08)」を一部改訂しています。「初歩からの生物学('08)」の単位修得者に対する履修制限はありません。平成26年度開設科目2テレビ〔第1学期〕(金)13:00~13:45[第1学期]平成29年7月26日(水)5時限(14:25~15:15) 生物とはいかなるものかという課題について、大学レベルにおける基礎から講義する。さらに、人々が日常生活を行っていく上で関係する生物学上の知識を講義する。※生物学に関する過去の知識を前提としないで理解できるよう、できるだけ分かり易い講義にしたいが、もし、分からない事柄が出て来た場合には、世の中には種々の啓蒙書があるので、それらを積極的にひもといて学習をしてほしい。また、インターネットによる知識収集も大いに役立つので利用して欲しい。※改訂回は第1、2、8、9、10、15回です。【平均点】平成27年度2学期(71.7点)平成28年度1学期(72.7点)(1760017)生物環境の科学('16)〈220〉加藤 和弘(放送大学教授)平成28年度開設科目2テレビ〔第1学期〕(金)23:15~24:00[第1学期]平成29年7月30日(日)7時限(16:45~17:35) 生物のそれぞれの個体を取り巻く全てのもの、すなわち環境は、生物の生息のありようを大きく左右する。環境の構成要素として、非生物的な条件がもっぱら認識されるが、周囲にいる他の生物もまた、環境の構成要素である。というのは、生物はほとんどの場合単独では生きておらず、同種あるいは他種の生物と密接な関係を保ちながら生きているからである。本講では、生物の生息に影響を及ぼす環境条件について、生物的条件や景観に関わる条件なども含めて説明する。さらに、長期的な視点に立った場合に、環境が進化や種分化にどのように関わり得るのか、その概要を紹介する。※本講義を履修するにあたっては、学部での導入科目の「初歩からの生物学」を履修しておくこと、あるいは同水準の生物学を既習していることが望ましい。【平均点】平成28年度1学期(70.4点)(1760025)初歩からの物理('16)〈210〉岸根 順一郎(放送大学教授)米谷 民明〔放送大学客員教授東京大学名誉教授〕「初歩からの物理学('08)」「初歩からの物理学('12)」の単位修得者は履修不可平成28年度開設科目2テレビ〔第1学期〕(金)10:30~11:15[第1学期]平成29年7月26日(水)4時限(13:15~14:05) 本科目は「自然と環境コース」が提供する物理系4科目(下記「関連する科目名」参照)への導入としての役割を果たす。対象として自然科学に関心を持つすべての学生を念頭に置き、「物理法則に基づいて自然現象を記述する」見方、考え方を伝える。第1回で物理的自然観を概観し、第2~4回で物理学の基盤である力学の論理と方法、第5~7回で環境問題を含む熱学的自然観、第8~9回では波動現象と場の考え方を扱う。第10〜13回は、電気と磁気、電磁波そして相対性理論の初歩を扱う。さらに第14、15回で物質の原子・分子からの成り立ちや、さらにミクロな世界を理解するのに必要な量子の世界の法則を垣間見る。※物理の学習に一歩を踏み出そうとするすべての方を念頭において、物理の見方・考え方を解説する。物理の学習にある程度の数学の使用は避けられないが、本科目では高校程度以上の数学の使用は避ける。本科目と「物理の世界」をともに受講することで物理という学問の全体像をつかむことができるようになっている。これらの科目を学んだ後、さらに本格的に物理学の学習を深めたい方には、「力と運動の物理」「場と時間空間の物理」「量子と統計の物理」という3つの専門科目が用意されている。【平均点】平成28年度1学期(68.3点)(1234021)初歩からの化学('12)〈210〉髙栁 正夫〔放送大学客員教授東京農工大学教授〕平成24年度開設科目2テレビ〔第1学期〕(木)10:30~11:15[第1学期]平成29年7月30日(日)2時限(10:25~11:15) 物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、高分子化学など化学のさまざまな分野について、基礎的・基本的な事項を講義する。身近に用いられている物質や反応などを例として用いたり、簡単な実験を見せたりすることにより、化学が我々の生活に密着した学問分野であることを実感してもらう。【平均点】平成27年度2学期(73.9点)平成28年度1学期(70.8点)

元のページ 

page 103

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です