学部授業科目案内
13/136

科目区分教育系心理系臨床心理系共用科目コース科目400総合科目410 音を追究する(ʼ16)【人間と文化】300専門科目320 ソーシャルシティ(ʼ17)【生活と福祉】310 障害を知り共生社会を生きる(ʼ17)【生活と福祉】310 女性のキャリアデザインの展開(ʼ17)【生活と福祉】310 教育のための ICT活用(ʼ17)【情報】200導入科目100基盤科目110 運動と健康(ʼ13)110 「ひと学」への招待(ʼ12)110 情報学へのとびら(ʼ16)110 小学校外国語教育教授基礎論(ʼ17)110 自然科学はじめの一歩(ʼ15)110 初歩からの数学(ʼ12)110 市民自治の知識と実践(ʼ15)110 日本語リテラシー(ʼ16)110 身近な統計(ʼ12)110 問題解決の進め方(ʼ12)110 日本語アカデミックライティング(ʼ17)110 国際理解のために(ʼ13)110 遠隔学習のためのパソコン活用(ʼ17)*基盤科目のうち、外国語科目については別掲※1…特別支援学校教諭免許状取得のための科目ですが、一般の学生も履修することができます。※2…特例制度による幼稚園教諭免許状取得のための科目ですが、一般の学生も履修することができます。※3…コース専門科目ですが、幼稚園教諭免許状取得のための科目の一つとして利用できます。※4…コース専門科目ですが、学芸員の資格取得のための科目の一つとして利用できます。※他コース開設科目ですが、卒業要件上本コースの開設科目として取り扱います。ナンバリングレベル表示科目区分初級(10)中級(20)上級(30)総合科目(400)410420430専門科目(300)310320330導入科目(200)210220230基盤科目(100)110【心理と教育コース】学習の流れとして、下から上へ積み重ねる形で、原則として基盤科目→導入科目→専門科目→総合科目の順に履修することとなります。420 安全・安心と地域マネジメント(ʼ14)420 死生学入門(ʼ14)330 学校と法(ʼ16) ※3330 カリキュラムと学習過程(ʼ16)330 道徳教育の方法(ʼ15)330 精神分析とユング心理学(ʼ17)330 認知行動療法(ʼ14)330 心理臨床と身体の病(ʼ16)330 心理臨床とイメージ(ʼ16)320 中高年の心理臨床(ʼ14)320 思春期・青年期の心理臨床(ʼ13)320 乳幼児・児童の心理臨床(ʼ17)320 心理カウンセリング序説(ʼ15)320 交通心理学(ʼ17)320 社会心理学(ʼ14)320 学力と学習支援の心理学(ʼ14)320 乳幼児心理学(ʼ16)320 比較認知科学(ʼ17)320 認知神経科学(ʼ12)320 認知心理学(ʼ13)320 錯覚の科学(ʼ14)320 心理統計法(ʼ17)320 心理学研究法(ʼ14)320 日本の教育改革(ʼ15)320 現代社会の児童生徒指導(ʼ17)320 地域社会の教育的再編(ʼ12)320 子ども・青年の文化と教育(ʼ17)320 現代日本の教師   ―仕事と役割―(ʼ15) ※2320 教育課程の意義及び編成の方法(ʼ15)※2320 幼児教育の指導法(ʼ15) ※2320 幼児理解の理論及び方法(ʼ15) ※2230 教育心理学概論(ʼ14)230 人格心理学(ʼ15)230 発達心理学概論(ʼ17)220 心理学概論(ʼ12)410 世界の中の日本(ʼ15)410 色と形を探究する(ʼ17)410 多様なキャリアを考える(ʼ15)410 進化する情報社会(ʼ15)320 特別支援教育基礎論(ʼ15) ※1320 肢体不自由児の教育(ʼ14) ※1320 特別支援教育総論(ʼ15) ※1320 知的障害教育総論(ʼ15) ※1310 生涯学習を考える(ʼ17) ※4310 家庭教育論(ʼ12)310 乳幼児の保育・教育(ʼ15)220 教育の社会学(ʼ15)220 教育史入門(ʼ12)220 教育学入門(ʼ15)220 学校と社会を考える(ʼ17)210 発達科学の先人たち(ʼ16)210 心理と教育を学ぶために(ʼ12)310 心理臨床の基礎(ʼ14)*左記以外の2015年度以前開設の総合科目についてはすべて共用科目とする。330 危機の心理学(ʼ17)11

元のページ 

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です