学部授業科目案内
3/136

授業科目案内の利用にあたって この冊子は、平成29年度第1学期に放送大学教養学部で開設される放送授業・オンライン授業科目の概要などを記載しています。(科目の詳細な情報については、本学ホームページまたは学習センターにおいてシラバスをご参照ください。また、大学院開設科目については、大学院修士選科生・修士科目生学生募集要項に付属の「大学院授業科目案内」を参照してください。)1.科目の登録は、この授業科目案内と学生募集要項(出願者以外は科目登録申請要項)の両方を必ずご覧になり、注意事項及び記入方法を確認のうえ、行ってください。2. 「講義概要」は、基盤科目〔外国語科目、保健体育科目〕、導入科目、専門科目、総合科目、卒業研究で構成されています。このうち体育実技及び卒業研究は、全科履修生のみが履修対象となっていますので注意してください。3.「講義概要」のそれぞれのページに記載されている事項は、次の項目から構成されています。○テレビ放送 BS放送231チャンネルで放送しています。(無料) ※関東の一部エリアでは、地上デジタル放送の12チャンネルでもご覧いただけます。 地上デジタル放送は、平成30年9月末で終了予定。※放送大学の番組を放送しているケーブルテレビでも視聴できます。視聴方法については、お近くのケーブルテレビにお問い合わせください。○ラジオ放送 BS放送531チャンネルで放送しています。(無料) テレビでお聴きいただく音声放送で、画面には番組名が静止画で表示されます。 ※関東の一部エリアでは、FMラジオ放送でも聴取できます。周波数は77.1MHz(前橋は78.8MHz)です。  FMラジオ放送は、平成30年9月末で終了予定。※放送大学の番組を放送しているケーブルテレビでも聴取できます。聴取方法については、お近くのケーブルテレビにお問い合わせください。○インターネットラジオ radiko.jp ラジオ科目をパソコン・スマートフォンなどで放送と同時に聴ける「radiko」(ラジコ)もご利用いただけます。詳しくは http://radiko.jp/ をご覧ください。○インターネット配信 開講期間中はパソコンやスマートフォンなどで放送授業を視聴できます。 (ただし、パソコンなどに映像を保存することはできません) 科目名や必要な環境については本学ホームページをご覧ください。※ 2017年度新規開設科目(科目名の末尾が('17))の配信は「予定」です。○学習センター等における視聴 学習センター等で視聴する場合のメディアは、テレビ科目の場合はDVD(平成23年度以降の新規開設テレビ科目は、DVDのみ)、ラジオ科目の場合はCD(平成20年度以降開設ラジオ科目は、CDのみ)となります。 新規の開設科目は、科目名の末尾に(’17)と表示してあります。 なお、新規に開設する科目のCD・DVD等については、学期当初に全ての科目分を学習センター等に配架することができない場合がありますので、ご了承ください。○字幕 放送授業番組の一部において、BS放送、地上デジタル放送、ケーブルテレビ及びインターネット配信の一部で字幕番組を行っています。単    位……履修した場合に修得できる単位数です。1単位科目、2単位科目、6単位科目(卒業研究のみ)があります。放送メディア放送時間……放送メディアは、テレビ、ラジオ、オンラインで示しています。放送メディア、放送曜日・時間を表示しています。科目登録欄に記入するコード番号及び科目名が記載されています。科目名の末尾の数字は開設年度を示します。(例:(’17)…2017年度開設)科目名の下の3桁の数字は、ナンバリングを示します。また、主任講師名の下の部分には、履修に当たって特に注意すべき事項が記載されていますので、必ず参照してください。(なお、各科目の主任講師及びその職名は、平成28年11月1日現在で記載しています。)……(科目コード)科目名ナンバリング主任講師名注意事項……単位認定試験日・時限単位認定試験が行われる日・時限に注意して選択してください。同一試験日・時限に配置される科目は1科目しか登録できません。再試験科目と新規登録科目が重なった場合も、どちらか1科目しか単位認定試験を受けることはできません。4.「平成29年度第1学期単位認定試験時間割」には、平成29年度第1学期に行われる単位認定試験日・時限が記載されています。単位認定試験日・時限が同じである科目は、1科目しか登録できません。同時に2科目以上登録することはできません。5. 「履修科目案内図」は、授業科目を選択する際に参考となるように一例を示したものであり、あくまでも目安として挙げたものです。したがって実際の履修に当たっては、必ずしもこのとおり科目を選択する必要はありません。……講義概要科目の内容を簡略に説明したものです。登録科目の選択に当たっては、必ず参照してください。放送授業は次の方法、チャンネルで行っています。オンライン授業は、次の方法で行っています。 オンライン授業は、インターネットによる受講となります。受講にはインターネット接続されたパソコンとWebブラウザ、Adobe Flash Player最新版が必要です。モバイル端末でも映像教材の閲覧は可能ですが、全ての端末に対応しているわけではありません。 各科目の文字情報による教材を閲覧するには、Adobe Reader最新版のインストールが必要です。 学習方法・パソコンの推奨環境の詳細は本学ホームページにてご確認ください。 オンライン授業は、16年度開講以降の全ての科目で、字幕を付与しています。1

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です