学生募集要項(教養学部)
6/48

1.学生の種類 本学の学生種は3種類あります。今回の募集で出願できるのはお一人様につき1回のみ、1学生種に限りますので、しっかりと検討のうえ、選択してください。 2.全科履修生のコース 全科履修生は、次の6つのコースのいずれかを出願時に選択していただきます。コース教育目標生活と福祉質の高い持続可能な生活を築くために、衣食住・家族・健康・福祉など生活にかかわる諸問題への理解を深める。心理と教育人間の心と発達に関する諸問題を現代社会とのかかわりにおいて理解し、持続可能な社会の実現に向けて、発達の支援と教育に必要な基本的知識および考え方を習得する。社会と産業変動する社会と産業の基本的なしくみを理解し、持続可能でゆたかな社会を生きるための知識と技術を身につける。人間と文化人間の思想・文学・芸術のありかたなどの理解を深めるとともに、現代文明と地域文化・社会について、その特質と発展の歴史を探る。情報情報化社会の中で生活する者にとって欠くことのできない、情報のありかた、情報技術に関する概念と知識を習得する。自然と環境自然の様相を科学的に学んでその本質について理解を深め、また人間活動と自然との関わり合いを認識することで、持続可能な未来に向けた実践と判断の能力を養う。※全科履修生が、在学中に本学の大学院修士選科生・修士科目生として単位を修得した場合には、申請により卒業に必要な単位数に含めることができます。詳細は、学務部学生課卒業判定係までお問い合わせください。3.学習センター・サテライトスペース☞32〜41頁 学習センターやサテライトスペースは、いわば本学のキャンパスです。学生はいずれか1つに所属していただきます。学習センター・サテライトスペースでできること●放送授業の再視聴 ●面接授業の受講 ●単位認定試験の受験 ●学習相談 ●書籍、放送教材の貸出・閲覧●サークル活動などの学生交流 ●学生証・証明書の発行(サテライトスペース除く)4.受講方法 授業には、テレビやラジオでの「放送授業」と、教室で教員から直接指導を受ける「面接授業」およびインターネットのみでの「オンライン授業」の3 通りがあります。●放送授業 放送を視聴し、印刷教材を使用して受講します。[6〜7頁参照]●面接授業 学習センター等に集まり、教員との対面形式で他の学生と一緒に受講します。●オンライン授業 インターネット上で提供される諸情報による学修をし、双方向性を生かした設問解答、課題解答および討論への参加等により行います。※面接授業の登録申請を希望する場合は28~29頁を必ずご参照ください。※選科・科目履修生は「卒業研究」と「体育実技」は受講できません。[26頁参照]大学卒業を目指す(学士[教養]の学位を取得)全科履修生在学期間最長10年まで(編・再入学を除く)在学期間1年(2学期間)在学期間半年(1学期間)選科履修生科目履修生興味のある科目のみを学ぶ概要14

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る