学部授業科目案内
129/136

127オンライン授業について オンライン授業は、インターネット上で提供される諸情報による双方向性を生かした学修を行います。通信指導又は通信指導に代わり、設問解答、課題解答及び討論への参加等を行い、単位認定試験に合格した者又は学習状況が良好で、かつ課題に解答し、学習成果が認められた者には所定の単位が与えられます。[履修上の注意] 1.オンライン授業は、全ての学習をインターネット上の講義や課題解答で行います。   学習できる環境をご自身で整えるようにしてください。学習センター等のパソコンは、原則利用できません。また、ご自身である程度PC操作ができないと、最後まで科目を履修することが難しいことがあります。科目履修登録前に、必ずオンライン授業体験版(http://online-open.ouj.ac.jp/)で、ご自分のPCスキルの確認、PC環境の確認、オンライン授業システムの操作方法をご確認のうえ科目履修登録をお願いします。 2.オンライン授業には印刷教材はありません。  3.授業の評価方法については科目により異なりますので、各科目の講義概要中の単位認定試験日・時限欄を必ず確認ください。 4.「教育課程の意義及び編成の方法(’15)」「幼児理解の理論及び方法(’15)」及び「小学校外国語教育教授基礎論(’17)」の通信指導はWeb受付のみとなり、郵送では受け付けません。 5.4.以外の科目では、通信指導および単位認定試験は行いません。よって、再試験もありません。単位を修得できなかった場合は、再度、科目登録申請が必要になります。   なお、単位を修得した場合、科目の開講期間中は、復習のために授業の一部を視聴することができます。[成績評価] オンライン授業の成績評価は、Ⓐ〜Eの6区分で行い、C以上が合格です。 オンライン授業科目は、卒業要件上は、「面接授業又はオンライン授業により修得すべき最低単位数」の20単位に算入されますが、「幼児理解の理論及び方法(’15)」「教育課程の意義及び編成の方法(’15)」及び「小学校外国語教育教授基礎論(’17)」については、「授業形態を問わない単位数」として取り扱われます。[オンライン授業の主な課題について]小テスト  択一式、記述式など様々です。余裕を持って、課題解答を行ってください。レポート  提出はオンライン上で行います。郵送での提出は受け付けません。また、利用するパソコン及びネットワーク環境に起因するトラブルにより提出が間に合わなかった場合でも、未提出の扱いとなりますので、余裕をもって提出(送信)してください。ディスカッション  ディスカッションは、実名で電子掲示板へ投稿します(Webカメラ等、映像でのやりとりはありません)。ディスカッションのテーマや方法は科目により異なりますが、ある時間を指定して、一斉に討論を行うことはありません。社会人の学生が多いことを考慮の上、一定期間(短くても10日間程度)、ディスカッションのページを公開し、その間に発言をしていただくことになります。[学習履歴データの提供について] このたび放送大学では、オンライン授業の改善・発展を目的として、国立情報学研究所と共同研究を進める協定を締結しました。 この共同研究を進めるにあたり、オンライン授業を実施する過程で蓄積される学習履歴データを、国立情報学研究所に提供する場合があります。その際は、個人を特定できない形で提供するなど、学生の皆さんの個人情報保護に充分に留意することをお知らせします。 オンライン授業を受講する際には、国立情報学研究所に対して、学習履歴データの提供が行われる場合があることをご認識ください。[学習開始] 配信は10月5日(木)10時からを予定しています。

元のページ  ../index.html#129

このブックを見る