学部授業科目案内
14/136

ナンバリングレベル表示科目区分初級(10)中級(20)上級(30)総合科目(400)410420430専門科目(300)310320330導入科目(200)210220230基盤科目(100)110【社会と産業コース】科目区分社会学系法学系政治学系経済学系産業・経営系社会技術系共用科目コース科目400総合科目410 社会福祉と法(ʼ16)【生活と福祉】410 音を追究する(ʼ16)【人間と文化】410 色と形を探究する(ʼ17)【心理と教育】300専門科目200導入科目100基盤科目110 運動と健康(ʼ13)110 「ひと学」への招待(ʼ12)110 情報学へのとびら(ʼ16)110 小学校外国語教育教授基礎論(ʼ17)110 自然科学はじめの一歩(ʼ15)110 初歩からの数学(ʼ12)110 市民自治の知識と実践(ʼ15)110 日本語リテラシー(ʼ16)110 身近な統計(ʼ12)110 問題解決の進め方(ʼ12)110 日本語アカデミックライティング(ʼ17)110 国際理解のために(ʼ13)110 遠隔学習のためのパソコン活用(ʼ17)*基盤科目のうち、外国語科目については別掲※他コース開設科目ですが、卒業要件上本コースの開設科目として取り扱います。学習の流れとして、下から上へ積み重ねる形で、原則として基盤科目→導入科目→専門科目→総合科目の順に履修することとなります。220 社会統計学入門(ʼ12)210 社会調査の基礎(ʼ15)210 社会学入門(ʼ16)210 グローバル化と私たちの社会(ʼ15)210 経営学入門(ʼ12)210 新しい時代の技術者倫理(ʼ15)210 環境問題のとらえ方と解決方法(ʼ17)210 技術経営の考え方(ʼ17)210 市民社会と法(ʼ12)210 事例から学ぶ日本国憲法(ʼ13)220 政治学へのいざない(ʼ16)210 経済学入門(ʼ13)220 現代会計(ʼ16)420 安全・安心と地域マネジメント(ʼ14)410 海からみた産業と日本(ʼ16)410 国際ボランティアの世紀(ʼ14)410 環境と社会(ʼ15)410 権力の館を考える(ʼ16)410 世界の中の日本(ʼ15)410 多様なキャリアを考える(ʼ15)410 証券市場と私たちの経済(ʼ15)410 途上国を考える(ʼ14)410 進化する情報社会(ʼ15)410 多様なキャリアを考える(ʼ15)330 国際法(ʼ14)330 著作権法概論(ʼ14)320 刑事法(ʼ16)320 行政法(ʼ12)320 家族と高齢社会の法(ʼ17)320 民法(ʼ17)310 市民生活と裁判(ʼ12)310 雇用社会と法(ʼ17)310 社会と銀行(ʼ14)310 財政と現代の経済社会(ʼ15)310 現代経済学(ʼ13)310 初級簿記(ʼ16)310 アジア産業論(ʼ17)310 NPOマネジメント(ʼ17)310 現代の内部監査(ʼ17)310 マーケティング論(ʼ17)310 地域と都市の防災(ʼ16)310 物質・材料工学と社会(ʼ17)320 現代日本の政治(ʼ15)320 日本政治外交史(ʼ13)320 現代の行政と公共政策(ʼ16)320 現代の国際政治(ʼ13)320 東アジアの政治社会と国際関係(ʼ16)320 パレスチナ問題(ʼ16)320 ロシアの政治と外交(ʼ15)320 日本政治思想史(ʼ17)320 労働経済(ʼ12)320 日本経済史(ʼ12)320 ファイナンス入門(ʼ17)320 国際経営(ʼ13)320 管理会計(ʼ14)320 ケースで学ぶ現代経営学(ʼ12)320 大学マネジメント論(ʼ14)320 アグリビジネスと日本農業(ʼ14)320 都市・建築の環境とエネルギー(ʼ14)320 都市社会の社会学(ʼ12)320 移動と定住の社会学(ʼ16)430 暮らしに役立つバイオサイエンス(ʼ15)420 技術マネジメントの法システム(ʼ14)330 産業とデザイン(ʼ12)330 環境の可視化(ʼ15)410 エネルギーと社会(ʼ15)320 社会技術概論(ʼ12)310 グローバル化と日本のものづくり(ʼ15)*左記以外の2015年度以前開設の総合科目についてはすべて共用科目とする。12

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る