教養学部案内
9/42

面接授業選科履修生科目履修生科目群履修認証制度資格取得科目一覧先輩の声Q&A放送大学の特徴放送大学の魅力コース紹介全科履修生学位取得学長メッセージ沿革大学院学習システムオンライン授業08…ページの学習システムもご覧ください。卒業までの流れは?●全科履修生は6つのコース(23~34ページ参照)からひとつを選び所属、所定の124単位以上を修得し、4年以上在学すると卒業です(編入学を除く)。卒業時に学士(教養)の学位が授与されます。学習量の目安はどのくらい?また、在学できる期間は?●最短の4年間で124単位を修得するには、1学期(半年間)で15~16単位の修得が目安。その場合、在宅での標準的な学習量は、放送授業(1回45分)の視聴が週に6~8回程度です。(面接授業又はオンライン授業は1学期で2~3科目の修得を目安にしてください。) 最長10年間在学できるので、自分に合ったペースで学習し、時間をかけて卒業することも可能です。なお、2年次編入学の方は最長8年間、3年次編入学の方は最長6年間在学できます。※4学期間続けて学費納入がない場合は除籍となります。短大を中退したのですが、短大で修得した単位は放送大学の単位として認定されますか?●他大学、短期大学等を卒業または退学された方は、1年次に入学する場合、希望により他大学等で修得した単位(科目等履修生として修得した単位を含む)を審査のうえ、最大30単位まで卒業に必要な単位として認定します。詳しくは、学生募集要項(別冊)をご確認ください。入学後に仕事などで都合が悪くなった場合、休学することはできますか?●全科履修生及び選科履修生は、病気、長期出張、その他の事由により修学を継続できない場合には、「休学届」を提出して休学することができます。休学は「休学届」を提出した学期の次学期からとなります。休学期間は、全科履修生は通算して8学期間(4年間)まで、選科履修生の場合は通算して2学期間(1年間)までです。詳しくは入学後に送付される『学生生活の栞』をご確認ください。オンライン授業3科目「幼児理解の理論及び方法('15)」「教育課程の意義及び編成の方法('15)」「小学校外国語教育教授基礎論('17)」については、授業形態を問わない単位数(上表の斜線部分)として取り扱う。コース科目計基盤科目のうち、外国語科目から2単位以上を修得する。コース科目(導入科目・専門科目・総合科目)のうち、所属するコース開設科目から34単位以上、所属コース以外の開設科目から4単位以上を修得する。※卒業研究の6単位は、所属するコース(自コース)の専門科目として認定する。基盤科目総合科目専門科目導入科目科目区分修得すべき最低単位数科目区分を問わない単位数単位の認定方法単位単位うち自コース開設うち他コース開設単位単位うち外国語単位単位単位卒業研究の6単位のうち3単位を放送授業、3単位を面接授業の単位として認定する。授業形態修得すべき最低単位数授業形態を問わない単位数単位の認定方法単位単位単位単位面接授業又はオンライン授業放送授業計■科目区分にかかる卒業要件■授業形態にかかる卒業要件>>卒業要件

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る