学生募集要項(教養学部)
18/47

4.既修得単位の認定について他大学、短期大学等を卒業または退学された方、高等専門学校を卒業または退学されて、4年次、5年次に単位を修得された方、p.20の要件を満たす専修学校専門課程または高等学校等専攻科を修了された方等で第1年次に入学する場合、希望により他大学等で修得した単位(科目等履修生として修得した単位を含む)を入学後に審査のうえ、卒業に必要な単位として認定し、結果を6月中旬に通知します。※入学後は、単位の審査を希望しても認定されませんのでご注意ください。(ア)既修得単位の認定上限科目区分認定できる単位の上限基盤科目14単位(その内、外国語2単位を含む。)導入科目16単位※自コース開設扱いの単位としては4単位を上限に認定され、それ以外は他コース開設扱いの単位として認定されます。専門科目、総合科目認定されません。計30単位(その内、面接授業として10単位)※提出された単位数等に基づき単位認定の可否を審査し、一括して認定します。※通信制の学校の場合は、面接授業としての単位数が異なることがあります。(イ)既修得単位認定審査等手数料 10,000円 ※入学料・授業料とあわせて、お支払いください。(p.30参照)(ウ)証明書類対象者証明書類(原本)他の大学・短期大学を卒業または退学された方①様式3「卒業在籍期間・単位修得証明書」②(正規の学生でない方のみ)大学入学資格証明書類(p.15参照)高等専門学校を卒業・退学された方様式4「高等専門学校卒業・単位修得証明書」※4年次、5年次で修得した単位のみ、認定対象となります。p.20の要件を満たす専修学校専門課程を修了された方①大学入学資格(高等学校卒業等)証明書類②様式5「専修学校専門課程修了・単位修得等証明書」p.20の要件を満たす高等学校等専攻科を修了された方①大学入学資格(高等学校(本科)卒業等)証明書類②様式6「高等学校等専攻科修了・単位修得等証明書」旧国立工業教員養成所、旧国立養護教諭養成所を卒業された方①大学入学資格(高等学校卒業等)証明書類②卒業年月および履修科目名と単位数が明記されている証明書旧制諸学校を卒業された方①大学入学資格(高等学校卒業等)証明書類②在学期間および履修科目名と毎週授業時間数が明記されている証明書平成3年文部省告示第68号第5号に掲げられた教育施設(省庁系大学校)における学修の単位認定については nyugaku@ouj.ac.jp へお問い合わせください。注意事項●証明書類は、必ず原本を簡易書留または一般書留にて郵送してください。到着確認には応じられません。●様式3〜6は、出身校に作成を依頼し、出身校の証明を得たものをご提出ください。出願者が作成したものは無効となります。●卒業・修了・退学見込みの方は、出願時に様式3〜6をご提出いただくほか、卒業・修了・退学した時点で速やかに卒業・修了・退学証明書(様式3〜6)を再提出してください。<再提出期限 2018年4月27日(金)私書箱必着>●現在の氏名と証明書等に記載された氏名に変更があった場合 姓のみ変更:変更前後の姓、変更理由、年月日等を便せん等に記入して出願書類と一緒に提出してください。 姓名の変更、名のみの変更:戸籍・免許証等の変更前と変更後の氏名が確認できる書類の写しを同封してください。●外国籍の方はp.7を参照のうえ在留資格証明書類を出願書類と一緒に提出してください。●外国の大学・短期大学の単位認定を希望される方は、様式3の全項目について大学等が発行する英文(凡例・略記を含む両面全文の和訳添付)の証明書および大学入学資格証明書類(p.15参照)の提出が必要です。資格等の確認に時間を要しますので、2018年1月31日(水)私書箱必着で出願ください。●提出書類は返却いたしません。●納入された既修得単位認定審査等手数料は、一切返還しません。16募集内容 全科履修生(1年次入学・再入学)

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る