大学院(修士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
16/68

〇13頁⑼〜⒀の方の申請書類申 請 書 類正本(コピー不可)①出願資格事前審査申請書(本募集要項添付の所定様式による)1②学業成績証明書(原本) ※⒀の出願資格で申請される方は、大学(学部)の学業成績証明書(原本)が必要です。1③「在学」又は「在籍期間(退学)」証明書(原本) ※⑽~⑿で申請される方は、15年の課程修了(見込み)証明書(原本)が必要です。 ※⒀で出願資格で申請される方は、大学及び大学院両方の在学又は在籍期間(退学)証明書(原本)が必要です。1④返信用封筒(長形3号(120mm×235mm)) (申請者の住所・氏名を明記し、返信用切手392円分を貼ったもの)1〇13頁⒁の方の申請書類申 請 書 類正本(コピー不可)①出願資格事前審査申請書(本募集要項添付の所定様式による)1②研究・実務概要(下記参照)1③最終学校の卒業(又は退学)証明書(原本)1④最終学校の学業成績証明書(原本)1⑤返信用封筒(長形3号(120mm×235mm)) (申請者の住所・氏名を明記し、返信用切手392円分を貼ったもの)1「研究・実務概要」について 大学を卒業した方と同等以上の学力があるかどうかを判定するための資料となります。最終学校卒業後に研究機関や企業等において携わった研究・実務の内容を10枚程度(A4版、片面印刷、9ポイント以上)にまとめて記述してください。 日本国内若しくは国外の大学又は大学共同利用機関等、これに準ずる研究機関において、研究生、研究員等として相当期間研究に従事し、研究業績のある方は、その研究及び成果物(著書、学術論文、学術講演、学術報告書及び特許等)が大学卒業相当の能力を証明すると考えるものについて、当該内容を記述してください。 企業・社会活動・学会等における実務経験等が、大学卒業に相当する資質・能力を有していることを主張されたい方は、その経験が大学卒業に相当する資質・能力を養成したものであることを具体的に示してください。また、その成果や有する資質・能力に基づき大学等において講師等の職に就いた経験のある方は、その講義の内容(コマ数・単位及び講義概要等)を記述してください。<その他>・婚姻等により、卒業証明書等の証明書類と申請書の氏名が異なる場合は、戸籍抄本(コピー可)等の氏名の変更を証明する書類(6か月以内に発行されたもの)を提出してください。・必要に応じて他の証明書等を求める場合がありますのでご留意ください。・虚偽の申請(虚偽の証明書等を含む)を行ったことが判明した際には、認定された出願資格は無効となります。14出願資格

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る