大学院(博士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
39/55

生活健康科学プログラム科目名担当教員名単位講義概要生活健康科学特論奈良 由美子 教授 川原  靖弘 准教授田城  孝雄 教授石丸  昌彦 教授井出   訓 教授 関根  紀子 准教授戸ヶ里 泰典 教授大曽根  寛 教授山田  知子 教授2豊かな生活、質の高い生活というときには、物質的なものを指すだけではない。むしろ、精神的、身体的、社会的、そしてスピリチュアルな豊かさや質の高さを求める必要がある。そして、「人的環境」や「物的環境」、「保健医療環境」、「社会福祉環境」そして「生活者個人の状態」といったものを対象に、多様な角度からアプローチすることによって、はじめて自己の生活の質の向上および他者の生活の質の向上につなげる方策や課題が見えてくる。本科目では、多様さを習得し俯瞰力を身につけることが狙いであるため、オムニバス形式で進め、上記のような研究対象について、主に基本文献講読と議論を通じて学ぶ。それらを通じて、各自の研究課題が特定の専門領域であったとしても、考える際の視野を広くもてるようにすること、アプローチの多様さを意識できるようにすること、そして学際的に検討する力を持てるようにすること、以上を通じて主に生活健康科学での研究の質を高める素地を培うことを本科目の目標とする。生活科学研究法奈良 由美子 教授 川原  靖弘 准教授2本科目は、現代生活の特性および課題を理論的かつ実践的に理解・分析・検討する力量を獲得することを目標としている。生活は人間の環境適応としての社会的装置であり、その基本的単位は戦略的に設定される。生活を分析・検討するには、「家族」その他の生活基礎単位と生活諸環境の相互作用に関する科学的理解、環境からの外乱すなわち「生活リスク」、生活者が接し利用する「生活環境情報」を扱うことが有効である。この授業では、まず、生活基礎単位と生活環境ならびに生活リスク、生活環境情報について、その実態と理論的アプローチならびに研究において基礎となる方法・技法を習得する。そのうえで、現代の家族と生活リスク、生活環境情報の扱い方をめぐる課題抽出と解決方策の検討を行うために、受講者同士のディスカッションを実践してもらう。健康科学研究法井出   訓 教授田城  孝雄 教授石丸  昌彦 教授戸ヶ里 泰典 教授 関根  紀子 准教授2健康や保健医療に関する研究には、いくつかのアプローチ・研究方法が存在する。本科目では、健康領域での研究のアプローチの基本について、その概略と近年の動向を再確認する。それらを念頭に、オムニバス形式をとり複数のテーマのもと文献等の講読を進め議論をすることによって、各分野での理論的・実践的アプローチについて検討する。その際、実践や政策の場にどのように還元したらいいのか、その方法についての考察を深める。最終的に、それらを自身の研究にどのように活用しうるのかについて、討論を通じて探索する。本科目の目標は、自身の研究計画・研究テーマをもとに、研究遂行のための実践的・専門的スキルを幅広く習得することで、自律した研究者に向けた素地を涵養することにある。社会福祉学研究法大曽根  寛 教授山田  知子 教授2子育て支援、高齢者の生活支援、障害のある方への支援、職業リハビリテーション、利用者の権利擁護など、実践への関与と政策分析に基づいた実証的研究の方法を学び、それらに関する研究論文の作成のための基礎的能力を習得する。また、研究成果をいかに実践と政策の場にかえせばいいのか、その手法についても学ぶ。− 1 −

元のページ  ../index.html#39

このブックを見る