大学院(博士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
44/55

科目名担当教員名単位講義概要人間科学特定研究(研究指導)12人間科学に関係して、受講生が博士論文で取り組む特定の研究テーマ・課題について、受講生に必要な文献講読と研究計画に基づく指導等を実施し、主体的に創造性・独創性の高い論文の作成に到達することを目標とする。小川  正人 教授教育行政学の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。田中  統治 教授教育内容・方法学の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。岩永  雅也 教授教育社会学および生涯学習論の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。岩崎 久美子 教授生涯学習・社会教育の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸問題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。中川  一史 教授情報教育学およびメディア教育学の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。 葉田  善章 准教授教育工学とりわけモバイル技術を利用した学習システムにかかわる領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。小野 けい子 教授臨床心理学の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。倉光   修 教授臨床心理学、とりわけ教育と関わる領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。森  津太子 教授社会心理学の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。 向田 久美子 准教授発達心理学の領域について、受講生各自の研究テーマに即して研究そのものとそれをめぐる諸課題の現代的意義づけ、研究方法、論文の構成と内容等に関して研究計画にそった系統的・体系的な指導を行い、研究論文を作成させることを目指す。人間科学プログラム− 6 −

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る