大学院(博士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
54/55

科目名担当教員名単位講義概要 浅井 紀久夫 准教授12マルチメディア情報処理に関する先端技術と幅広い知識を習得し、人の情報処理メカニズムに基づいたシステムや認知的特性に整合したインタラクション技法などについて先進的技術の創出を目指す。自ら問題を設定し、独自の発想に基づく解決を図り、研究論文としてまとめる能力を養えるように研究指導する。 鈴木  一史 准教授計算機科学に関する広い視野に立った学識を習得するとともに、学生が自主的に課題を定めて研究を行い、その研究成果を論文にまとめ、発表を行う。研究者あるいは専門家としての知識を身につけ、学生が自立できるように指導を行う。国内外の学会における発表、さらには学会誌での論文発表ができるように指導を行う。 秋光  淳生 准教授現実の問題に対し適切な問題設定を行い、その問題に潜む現象の数理についての理解に基づき、現在の情報技術を用いた新たな解決を図る能力を育成する。その研究成果を論文にまとめ、発表を行えるように指導を行う。橋本  健朗 教授分子の理論と計算こそが解決の決め手となる重要課題を発掘し、問題の本質を見抜く力を養う。課題ごとに適切な理論計算を行って結果から有用な情報を正しく引き出すことと、既存の方法の欠点を克服して課題解決に繋げることの両面から、独創性の高い研究を行う能力を涵養する。文献調査と対話を通じて自らの研究を位置づけ、研究発表と論文執筆により、論理的に成果を説明、記述する力を身につけさせる。松井  哲男 教授現代の核物理学のフロンテアの研究課題とその研究に必要な基礎知識と方法を学ぶ。研究課題は実験技術(加速器や測定実験装置)の進化とともに変化してゆくが、最新の実験の動向とその成果の分析から、研究課題を自分自身で設定する能力を養う。また研究を遂行するためのコミュニケーション能力、研究成果を広く国際舞台で有効に発表し、国外を含む他の研究者と研究交流を行う能力を涵養する。谷口  義明 教授恒星、銀河、宇宙の大規模構造などの天体の諸階層について概観し、宇宙における構造形成を理解するための論理と研究手法の習得を目指す。次に、宇宙の進化を司る暗黒物質と暗黒エネルギーの役割をさらに概観し、宇宙進化の全体像を把握できるようにする。これらの知識体系を元に、研究テーマを決めて独創的な研究が行えるよう、研究指導を行う。自然科学プログラム− 16 −

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る