2018年度 エキスパート
32/66

3014 アジア研究プラン現代の世界におけるアジアの重要性、日本に対する社会的要請等を学び、アジアへの関心を深めます。アジアを東アジアから西アジアにいたる広い範囲でとらえ、各地域と学問分野を横断し、アジアを多様な視点から包括的に学ぶ。現代の世界におけるアジアの重要性、日本における社会的要請、及び学生の関心の所在に、放送大学の幅広い科目群と教授陣が応える社会的意義は大きい。※本プランは2019年3月31日をもって廃止します。 詳しくは、放送大学ホームページをご確認ください。*授業内容の例グローバル化と私たちの社会(’15)グローバリゼーションは、世界全体に大きな影響を及ぼし始めている。日本においても、どのように対処すべきか考える時が来ている。そこで、手始めに、社会と産業コースに所属教員全員でこの問題を議論する科目を開設する。東アジアの政治社会と国際関係(’16)各国、各地域がどのような政治変動を経て、また如何なる国際環境の中で現在の政治社会を作り上げてきたかを解明し、今後の展望をおこなう。パレスチナ問題(’16)パレスチナ問題の起源から説き起こし現状を解説し、この問題の展開を跡付ける。そして、その将来を展望する。パレスチナ地域の情勢の記述を縦糸に、周辺諸国や地域外の大国の動きを横糸にして、陰影の深いパレスチナ問題のタペストリーを編み上げる。歴史からみる中国(’13)古代から現代に至る中国史について、今日の日本人が知っておくべき事柄を時代順に紹介する。

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る