2018年度 エキスパート
47/66

科目群履修認証制度放送大学45認証状の名称 芸術系博物館活動支援◎:必修科目、○:選択必修科目、無印:選択科目科目名必修科目等1博物館概論(’11)*◎2著作権法(’18)◎3博物館資料論(’18)○4博物館教育論(’16)○5博物館展示論(’16)*○6博物館資料保存論(’12)○7博物館情報・メディア論(’18)○8博物館経営論(’13)○9西洋芸術の歴史と理論(’16)*○10ヨーロッパの歴史 Ⅰ(’15)11世界文学への招待(’16)*12西洋音楽史(’13)13舞台芸術の魅力(’17)14ヨーロッパの歴史Ⅱ(’15)15ヨーロッパ文学の読み方ー古典篇(’14)16日本文学の名作を読む(’17)17色と形を探究する(’17)18『方丈記』と『徒然草』(’18)19日本文学における古典と近代(’18)20日本美術史の近代とその外部(’18)*は左ページに解説があります。※この他に、すでに閉講している対象科目も含まれます。 詳しくは、説明資料「科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)について ~認証取得の手引き~」(2018年度版)をご覧ください。※ 2012年4月に博物館法施行規則が改正され、「博物館に関する科目」の構成が大幅に変更されました。それに伴い、本プランの構成も変更されていますが、2012年3月以前から認証取得を目指してきた方にとって新たに履修しなくてはならない科目が増えるという事はありません。※ 本プランを修得しても、学芸員の資格は得られません。学芸員資格取得を目指す方は、「2018年度 教員免許状及び各種資格について」をご確認ください。[認証取得条件]* 閉講科目を含む授業科目群74単位の中から、必修科目4単位、選択必修科目2単位以上を含めて、20単位以上を修得すること。( 公財)日本博物館協会から推薦をいただいています。

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る