2018年度 エキスパート
52/66

5024 工学基礎プラン工学を専門とする人に「必須な教養」を身につけていただきます。工学は、実社会に役立つ技術の科学である。ここでの工学基礎プランでは、技術の基礎となる自然科学のいくつかの科目および工学と社会とのかかわりあるいは現代と未来の社会の問題などを学ぶ。この認証科目群履修の目標は、工学を専門とする学生が必須とする教養を身につけてもらうことである。また、本プランで指定された認証取得条件を満たすことにより、千葉大学工学部への3年次編入学(自己推薦枠)の受験資格の一部を満たすことができる。*授業内容の例初歩からの数学(’18)数学の各分野におけるさまざまな基本概念を理解することに重点をおき、数学的な見方、考え方、そして正確な議論の進め方を学ぶ科目として講義する。新しい時代の技術者倫理(’15)技術者が直面する可能性のある倫理的問題を、具体的な事例を通して紹介するとともに、問題を分析し、倫理的に推論する方法を学ぶ。これらの学習から、21世紀の技術者に求められる倫理的な資質等を考察する。物理の世界(’17)「物理法則に基づいて自然現象を記述する」見方、考え方を伝えることに重点を置き、数学的な技法にもある程度立ち入る。力と運動の物理(’13)運動と力の捉え方から始めて、運動方程式の意味、取り扱い方、典型的運動の解析、さらに解析力学を学び、最後に古典力学と相対性理論と量子論との関係についても触れる。

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る