2018年度 エキスパート
58/66

5627 地域貢献リーダー人材 地域社会のさまざまな問題解決に主体的に取り組めるリーダーの育成を目指します。わが国では、環境、教育、福祉など様々な領域に生じる問題について、住民がその解決に積極的に取り組む動きが広がっている。住民は地域知を持っていると同時に、取り組みにかかる当事者性が強く、地域社会の課題解決への貢献の可能性は大きい。本プランは、地域の課題解決に資する科目群と課題解決を実践する組織づくりの担い手の育成に資する科目群を配置し、それらの授業科目の履修を通して、地域社会の課題解決に向けて主体的に取り組むことのできるリーダーの育成を目指す。*授業内容の例リスク社会のライフデザイン(’14)家族への科学的アプローチ、家族の歴史的動態を理解し、現代家族とくらしの諸相の意味するところを知り、そこに生起する諸課題に取り組むための基礎知識を学ぶ。地域福祉の現状と課題(’18)「地域福祉」の考え方、様々な生活課題の解決における地域福祉の役割、その現状と課題、そしてその可能性を議論する。市民生活と裁判(’18)本講義は、(法曹を志すのではない)一般市民を対象として、一般市民が広く遭遇する可能性のある代表的な紛争を取り上げて、紛争の発生からその解決に至るまでのプロセスを具体的に説明し、裁判の機能、裁判の基本構造、手続の特徴等についてわかりやすく解説する。NPOマネジメント(’17)海外で活動するNGO(CSO)の新しい動向や課題、身近な地域で展開する大学の地域貢献活動などにも注目し、非営利、非政府、公益を目指す社会貢献活動への幅広い関心に答えられるように改訂する。

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る