2018年度 エキスパート
62/66

606029 学校地域連携コーディネ 学校、地域、子どもなどに関わる知識で学校支援活動や地域活動の要となるコーディネーターを養成します。学校支援活動、放課後の教育活動、地域文化活動など、学校と地域との連携・協働を推進するために必要とされる基礎的知識(学校や地域に関する知識、ボランティア・マネジメントに関する知識、子どもに関する臨床的知識など)を広く体系的に習得させる。国がすすめるコミュニティ・スクールや地域学校協働本部などの施策において、学校支援等の地域活動の連絡・調整やボランティアの確保など、学校と地域が連携する際に中心的役割を担い、要(かなめ)となるコーディネーターを養成する。*授業内容の例教育学入門(’15)教育の歴史、教育思想・哲学、心理学、社会学など人文・社会・自然の諸科学が蓄積してきた教育の理論を概説し、教育現象を科学的に捉えるための基本的な知識と技術(方法)について講じる。生涯学習を考える(’17)生涯学習について、その基本的な意味がどんなものであり、どのようにして、またどんな背景の元に形成されたのか、その基本的な理念は時代とともにどう変化してきたのか、さらに、現在、具体的場面でそれがどう実施されているのか、そこにどのような問題点があるのか、今後生涯学習はどのように展開していくのか、といったさまざまな観点から、多角的に考えていく。日本の教育改革(’15)国レベルの教育政策の変化と主要な領域の教育改革を概説しその取り組みの課題を考えていく。心理と教育へのいざない(’18)教育学・心理学・臨床心理学に興味を持ち、主に、心理と教育コースを志望する科目履修生や選科履修生、及び本コースに入学した全科履修生を対象に、これらの学問全体のガイダンスと、基礎知識を学ぶ。

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る