教員免許状及び各種資格について
17/46

-16-2018年度 中学校「教科に関する科目」科目登録の前に、P.10の「放送大学を利用した教員免許状の取得についての注意」をお読みください。取得しようとする教科教科に関する科目〔注1〕放送大学における対応科目(一種・二種免許状取得に利用できる科目)放送大学大学院における対応科目(専修免許状取得に利用できる科目)科目区分科目区分技 術木材加工(製図及び実習を含む。)金属加工(製図及び実習を含む。)機械(実習を含む。)電気(実習を含む。)栽培(実習を含む。)情報とコンピュータ(実習を含む。)〔注6〕データ構造とプログラミング(’18)情情報学の技術(’18)報コンピュータとソフトウェア(’18)情デジタル情報の処理と認識(’18)情コンピュータと人間の接点(’18)情メディア論(’18)情情報セキュリティと情報倫理(’18)情日常生活のデジタルメディア(’18)情情報・メディアと法(’18)情家 庭家庭経営学(家族関係学及び家庭経済学を含む。)リスク社会のライフデザイン(’14)福家族生活研究(’15)生臨床家族社会学(’14)福生活リスクマネジメント(’17)生生活経済学(’16)福人口減少社会の構想(’17)福リスクコミュニケーションの現在(’18)福被服学(被服製作実習を含む。)食物学(栄養学、食品学及び調理実習を含む。) 〔注7〕食と健康(’18)福食健康科学(’15)生住居学住まいの環境デザイン(’18)産保育学(実習を含む。) 〔注8〕乳幼児の保育・教育(’15)心職 業産業概説職業指導「農業、工業、商業、水産」「農業実習、工業実習、商業実習、水産実習、商船実習」職業指導職業指導職業指導の技術職業指導の運営管理英語英語学英語で読む科学(’15)外英米文学英語コミュニケーション英語で描いた日本(’15)外Walking with Writers(’16)外英語事始め(’17)外耳から学ぶ英語(’18)外異文化理解ドイツ語ドイツ語学ドイツ語Ⅰ(’15)外ドイツ語Ⅱ(’15)外フランス語フランス語学フランス語Ⅰ(’18)外フランス語Ⅱ(’18)外中国語中国語学中国語Ⅰ(’18)外中国語Ⅱ(’18)外イタリア語イタリア語学初歩のイタリア語(’17)外スペイン語スペイン語学初歩のスペイン語(’17)外韓国語韓国語学韓国語Ⅰ(’16)外韓国語Ⅱ(’16)外宗教宗教学日本仏教を捉え直す(’18)文宗教史「教理学、哲学」〔注1〕 「教科に関する科目」のうち、「 」内に表示された科目の単位の修得は、当該教科に関する科目の1つ以上にわたって行うこととなっています(教育職員免許法施行規則第4条表備考第3号)。たとえば、「社会」の「法律学、政治学」については、「法律学」または「政治学」のいずれかの単位を修得していればいいとされています。(1つでもよい。)〔注6〕「情報とコンピュータ(実習を含む。)」の放送大学における対応科目には、「実習」についての内容を含んでおりません。〔注7〕「食物学(栄養学、食品学及び調理実習を含む。)」の放送大学における対応科目には、「調理実習」についての内容を含んでおりません。〔注8〕「保育学(実習を含む。)」の放送大学における対応科目には、「実習」についての内容を含んでおりません。

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る