2018年度 エキスパート ~認証取得の手引き~
2/32

-2- 目 次1.認証取得までの流れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32.認証状申請手続要領・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43.授業科目群の見方(全認証プラン共通)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・64.プラン別認証取得条件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・85.千葉大学工学部3年次編入学(自己推薦枠)について・・・・・・・・・・・・・・・・・・306.Q&A・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31認証状等交付願(2018年度)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32学校教育法第105条「履修証明制度」とは 2007年の学校教育法改正により、大学等(大学、大学院、短期大学等)における「履修証明制度」が創設されました。これにより、大学等において、一定の教育計画の下に編成された体系的な知識・技術等の習得を目指した教育プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して、学校教育法の規定に基づくプログラムであることを示した履修証明書(Certicate)が交付できることとなりました(第105条)。具体的には、総時間数120時間以上のプログラムが「履修証明プログラム」の対象となります(学校教育法施行規則 第164条第2項)。 放送大学の「科目群履修認証制度(放送大学エキスパート)」は、2008年4月より、この法律に基づく制度となりました。認証状、証明書及びカードには、「学校教育法第105条の規定に基づいていること」が明記されていますので、履歴書に記載したり、ボランティア活動等でご提示いただいたり、様々な場面でお役立ていただければ幸いです。なお、「履修証明制度」の「履修資格」は「大学において定めること。ただし、大学に入学することができる者」と定められていますので(学校教育法施行規則 第164条第3項)、本学の科目群履修認証制度の申請資格は「本学全科履修生への入学資格を有していること」とします。(3ページ〈申請資格〉欄参照)①健康福祉指導プラン・・・・・・・・・・ 8②福祉コーディネータプラン・・・・・・・ 9③社会生活企画プラン・・・・・・・・・・10④食と健康アドバイザープラン・・・・・・11⑤心理学基礎プラン・・・・・・・・・・・11⑥臨床心理学基礎プラン・・・・・・・・・12⑦社会探究プラン・・・・・・・・・・・・13 ⑧市民活動支援プラン・・・・・・・・・・14⑨実践経営学プラン・・・・・・・・・・・15⑩ものづくりMOTプラン・・・・・・・・15⑪次世代育成支援プラン・・・・・・・・・16⑫コミュニティ学習支援プラン・・・・・・16⑬異文化コミュニケーションプラン・・・・17⑭アジア研究プラン・・・・・・・・・・・18⑮日本の文化・社会探究プラン・・・・・・18⑯宇宙・地球科学プラン・・・・・・・・・19⑰生命科学プラン・・・・・・・・・・・・19⑱環境科学プラン・・・・・・・・・・・・20⑲社会数学プラン・・・・・・・・・・・・21⑳エネルギー・環境研究プラン・・・・・・22㉑芸術系博物館プラン・・・・・・・・・・23㉒歴史系博物館プラン・・・・・・・・・・24㉓自然系博物館プラン・・・・・・・・・・25㉔工学基礎プラン・・・・・・・・・・・・26㉕人にやさしいメディアデザインプラン・・26㉖計算機科学基礎プラン・・・・・・・・・27㉗地域貢献リーダー人材育成プラン・・・・28㉘日本文化を伝える国際ボランティア・ガイド(基礎力)養成プラン・・・・・・・・・・29㉙学校地域連携コーディネータープラン・・29

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る