学校図書館司書教諭講習実施要項
5/20

─3─4必要書類の注意事項  ⑴ 証明書類について    必ず、2018年4月以降に発行された原本を提出してください。    過去に証明書類を提出して本講習を受講した方も、再度証明書の提出が必要です。  ⑵ 授与証明書について    授与証明書とは、免許状の授与権者(都道府県教育委員会)が発行する証明書であり、免許状を授与した都道府県でのみ発行可能です。発行には時間を要しますので、出願期間内に授与証明書を提出できるよう早めに発行の手続きをしてください。    なお、出願・科目登録の時点で現職の教諭(講師は除く)である方に限り、教諭免許状の両面写しのおもての余白に、勤務先の学校長の原本証明を直接押印したものをもって、授与証明書の代わりとすることができます。    原本証明は、下記例の全項目を満たしたものを有効とします。(例)この写しは原本と相違ないことを証明します。2018年5月◯日   ◯◯学校長  放送 太郎職印   (注1)必ず教諭免許状の両面写し(裏面が白紙であっても両面の写しが必要)のおもての余白に原本証明をしてください。写しとは別に原本証明を添付したものや、古い授与証明書・免許状更新講習修了確認証明書等に原本証明をしたもの等は認められません。   (注2)原本証明をもって授与証明書の代わりとすることができるのは、現職の教諭のみです。常勤であっても、講師は授与証明書が必要です。   (注3)該当する複数の免許状をお持ちの方は、いずれか1種類の授与証明書を提出してください。  ⑶ 学校図書館司書教諭または司書に関する既修得単位の単位修得証明書について   1.既修得単位の単位修得証明書     1999年度以降に他大学等で修得した学校図書館司書教諭講習規程上の科目(規程上の科目に相当する科目(下記2)を含む)の単位を合わせて、文部科学省への修了証書申請の手続きを希望する方は、学校図書館司書教諭に関する単位修得証明書を出願時に1部提出してください。     なお、2018年度に他大学等で修得見込みの単位を合わせて手続きを行うことはできません。     また、既に5科目すべてに相当する単位を修得しており、修了証書申請の手続きのみが必要な場合には、上記書類の他に、修了証書申請のための出願である旨を便せん等に記入し、出願書類に同封して提出してください。   2.司書に関する単位修得証明書について     司書に関する科目のうち「図書館情報資源概論」(2単位)および「情報資源組織論」(2単位)の修得が、「学校図書館メディアの構成」(2単位)1科目分の修得に相当するものとされています。     「図書館情報資源概論」および「情報資源組織論」の単位を修得している方は、「学校図書館司書教諭講習申込書」(様式1)の「既に修得した科目または相当科目の修得年度及び機関名」の「学校図書館メディアの構成」欄に修得年度および機関名を記入し、あわせて司書に関する単位修得証明書を提出してください。

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る