教養学部案内
22/48

20 社会と産業コースの授業の例私たちが経済活動を行ううえで、直接的・間接的にかかわりのあるファイナンス。しかし、認識不足から“お金儲けの道具”と誤解する等、敬遠する人が多いのも事実です。本講義ではファイナンスに関する正しい知識を習得し、社会におけるその役割をより身近に感じ、理解してもらうことを目的としています。暮らしのなかで一般市民が遭遇する可能性のある代表的な紛争を紹介。紛争の発生から解決に至るまでのプロセスを具体的に説明し、裁判の機能、裁判の基本構造、手続きの特徴等を分かりやすく解説していきます。法曹を志す方以外の一般市民を対象としているため、予備知識や他の科目の事前履修は不要です。正しい理解でファイナンスを身近なものに日常生活に起こりうる紛争の解決法とは?過熱する企業マーケティングの“今” 最近、増えているインターネットテレビでの動画配信。皆さん、民放のテレビ番組と同じ感覚で観ていませんか? 観ている側からはあまり差を感じられなくても、実は、法の世界では異なります。まず、テレビは放送法に基づき番組(コンテンツ)を″放送〞しています。一方、インターネットテレビは、インターネットを利用しているという点で″通信〞に位置付けられ、電気通信事業法が適用されますが、″放送〞の要素も多分に含むため、現在、法的な枠組みが不明確なのです。法的整備が整っていないからこそ、地上波では観られない自由で刺激的なコンテンツづくりができる反面、著作権やプライバシーの侵害が問題になることもあります。 法は時代に合わせて更新されるもの。特に、情報や知的財産、コンテンツの分野では、毎年改正が行われています。自分から遠いものと思いがちな法の世界も、意外と身近な存在です。一歩踏み込んでみると、それぞれの法の関係性が見えて面白いんですよ。     Society&Industry 社会と産業コース「情報・メディアと法(ʼ18)」※本科目は「情報コース」と 「社会と産業コース」の 共用科目です。市場や技術の成熟化、ニーズの多様化や個性化、競争のグローバル化が進むなか、企業経営におけるマーケティングの重要性はますます高まってきています。本講義では、消費者に自社製品・サービスを選択してもらうための工夫と努力を重ねているマーケティングの全体像について、具体的な事例を交えながら講義します。「マーケティング論(ʼ17)」芳賀 康浩(青山学院大学教授)平木 いくみ (東京国際大学准教授)「市民生活と裁判(ʼ18)」川島 清嘉(川島法律事務所弁護士)川島 志保 (川島法律事務所弁護士)「ファイナンス入門(ʼ17)」齋藤 正章(放送大学准教授)阿部 圭司 (高崎経済大学教授)児玉 晴男 放送大学教授東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、博士(学術)、独立行政法人メディア教育開発センター研究開発部教授を経て、現職。専門は新領域法学(著作権法、知的財産法、情報・メディア法)等。時代とともにアップデートされる法

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る