教養学部案内
4/48

 放送大学は、高校卒業資格がなくても15歳以上であれば誰でも入学でき、全国どこでも、放送やオンライン、面接による授業を受けて単位修得をし、学士の学位を取得できるすべての人に開かれたopenな教育機関です。また、入学試験を受けて大学院生となり、修士・博士の学位を取得できる、多段階にわたる生涯学習支援を行う最高学府です。 このような特殊な教育機関である放送大学で、9万人にも及ぶ学生が対面ではなく遠隔授業によって、生涯学び続ける意欲を持つ理由は何でしょうか。学費を払い、多くの時間を費やして学習をすることは、さまざまなコストを生じさせます。人々が、そのコストを上回る学習の利益があると考える、価値判断の中核にあるものは何なのでしょうか。 学ぶことは実利をもたらします。リカレント学習に代表される職業的な実利の獲得やその期待は、すべての人が学費をかけて学ぶ大きな動機の一つです。通学制大学の学生の基本的な動機は実利だといえます。また、本学の相当数の学生の期待も実利にあるといえます。しかし、放送大学には、定年退職をした後に、100歳を超えてもなお学び続ける人がいます。そのような人々の存在は経済的な実利だけでは説明できません。実利に結びつかない学ぶことの利益、各人が大きなコストをかけて学んでいるそれぞれの瞬間が、他の選択をする以上に価値ある瞬間であるとの実感をもたらすものは何なのでしょう。 学ぶこと自体に内在する喜び、という価値がその判断をもたらすものだと私は考えます。自らの内に、外の世界についての無知がある、あるいはどれほど年をとっても、自分自身についてさえ無知や未知の領域があるという自覚は、自分を含む世界に対する畏敬の念につながるものであり、その畏敬の念が人を謙虚にします。その謙虚さこそが、逆に、未知や無知に正面から向き合い、それを克服する意欲、知的好奇心、現在の自己専門は法律学、特に経済法、行政法。最近はもっぱら海の利用や管理に関する法制度の研究、提言活動を行う。横浜国立大学名誉教授。法学修士(北海道大学)。PROFILE2

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る