大学院 博士後期課程案内
17/36

研究指導体制①最終学歴等 ②取得学位 ③主な職歴、社会貢献等 ④メッセージ ⑤指導可能なテーマ  ⑥2019年度末または2020年度末退職(予定)により、2019年度入学の博士全科生は主研究指導教員として希望できません。 ※教員の業績等の詳細は本学ホームページをご覧ください。 主研究指導教員の紹介 ※2018年4月現在 岩永 雅也教育社会学生涯学習論①東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学②博士(学術)(筑波大学)③大阪大学人間科学部助手、放送教育開発センター助教授、大学改革支援・学位授与機構・教育学系研究評価専門委員会委員、日本学術会議連携会員等④社会学的な視点と量的な分析方法とによって教育事象を客観的に理解し、さらに教育の現代的課題を明らかにしつつその背景や要因の解明を目指す。そうした知見を踏まえた上で、現実の教育政策への積極的な発信も試みている。⑤現代社会と生涯学習、大学と成人学習者、遠隔高等教育、教育領域における社会学的調査とその応用、才能教育、など。学修・指導上の特色学位取得までのプロセス履修カリキュラムプログラム紹介学長メッセージ沿革人材養成と入学者受入方針博士後期課程の教育目的Q&A 特定研究基盤研究15岩崎 久美子 教授生涯学習論社会教育①筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程修了②博士(学術)(筑波大学)③国立教育政策研究所総括研究官、国立教育政策研究所総括研究官、(独)青少年教育振興機構評価委員、日本生涯教育学会評議員、(公財)武蔵野生涯学習振興事業団理事、独立行政法人青少年教育振興機構評価委員等④自分の経験に潜む関心がオリジナリティに富む研究につながります。研究テーマを絞り込み、独自の実証的データの取得と客観的分析による知見の提出を目指してください。博士論文は、根気のいる作業の集積です。地道にがんばりましょう。⑤青少年から高齢者に至るキャリア発達や年齢期に応じた学習の持つ意義に関する研究(青少年の体験活動、成人学習の特徴・実践・学習プロセス、地域における学習等)進藤 聡彦 教授教育心理学認知心理学①東北大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得退学②博士(教育学)(東北大学)③山梨大学大学院総合研究部教授、山梨大学名誉教授、日本教育心理学会常任編集委員、山梨県社会教育委員④博士論文は先行研究の幅広い知見を基礎にして、1つのテーマを収束的に深く追究する作業だと考えています。その作業は苦しくもあり、楽しさもあります。院生と一緒に苦しみ、楽しめたらいいなと思っています。⑤教授学習過程に関わる教育心理学や問題解決や記憶を対象とした認知心理学の研究苑 復傑 教授高等教育論、比較教育学教育経済学①修士②学士:(文学)(北京大学)修士:(学術)(広島大学)③中国社会科学院外国文学研究所助手、放送教育開発センター助手、文部科学省メディア教育開発センター助教授、教授、総合研究大学院大学文化科学研究科教授④高等教育の制度・政策、大学の管理運営、国際化、大学におけるICT活用などの改革の課題について、中国、日本、米国との比較考察に力点を置いて研究に取り組んでいます。各国の大学には独自の歴史や論理がありますが、直面する問題には多くの類似点があります。歴史的・グローバルな視点から現代の高等教育の課題を考えていきたいと思います。⑤高等教育政策・制度、大学組織の研究、高等教育の国際化、学生の国際移動、遠隔高等教育の研究について、指導を行います。特に、これらの事象の中国の大学との比較研究に重点を置きたいと思います。森 津太子 教授社会心理学①お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程単位取得退学②博士(人文科学)(お茶の水女子大学)③甲南女子大学人間科学部准教授、日本心理学会専門別代議員(第4部門)、日本社会心理学会理事等④ある社会心理学者は、最善の選択に必要なのは“informed intuition”だと言っています。これは「知識・経験に基づく直観」とでもいうべきもので、博士課程はこれを醸成する場だと思っています。共に頑張りましょう。⑤対人認知、社会的推論など、人間の社会的認知過程に関わる事象を、実験、調査等の手法を用いて検討する研究向田 久美子 准教授発達心理学    文化心理学①お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程単位取得退学②博士(心理学)白百合女子大学③清泉女学院大学准教授、駒沢女子短期大学准教授、日本パーソナリティ心理学会理事④博士課程の研究では、研究上の意義や独自性とともに、実践面での有用性も求められます。子どもや成人が発達するプロセスや、環境(家庭、学校、地域など)との相互作用について、研究テーマを絞り込み、実証的な手法を用いて検討していきましょう。⑤子どもの発達と環境(家庭や学校、仲間、メディア、文化)との関わり、成人期の発達と社会経験の関連など。副学長教授

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る