大学院 博士後期課程案内
20/36

研究指導体制●●●●●●学修・指導上の特色学位取得までのプロセス履修カリキュラムプログラム紹介学長メッセージ沿革人材養成と入学者受入方針博士後期課程の教育目的Q&A 特定研究基盤研究 ●科目履修と研究指導社会経営科学プログラムは「社会・経済」と「政治」の2つの領域の研究指導と教育課程からなる。このプログラムの特色は家族、コミュニティ、企業、政府が抱える現代社会の課題に対して、実践的でかつ集団・制度的な高度な研究を遂行し、課題の改善・解決に向けた取り組みを地域や企業の社会集団の中で探究する点にある。社会経営研究を社会の中核となって担うことのできる、高度な社会人研究者の養成を目的としている。 ●人材養成目的政治学、経済学・経営学、社会学などに加えて、これらの学際領域における高度な自立的研究能力を有し、専門的かつ総合的な広い学識を実践的に活用して直面する社会的諸課題を的確に発見し、その要因と背景を究明して問題状況の解決に取り組み、社会や組織の経営・運営に関わる公共的施策を高度に指導することのできる高度な社会人研究者として公共の場で活躍できる社会分析家(アナリスト)・社会的企業家、公共政策の社会実践家・社会批評家(ジャーナリスト)、学際的・超領域的な社会研究者、及び当該領域において自立的・創造的に高度な研究を遂行することのできる人材の養成を目的とする。 ●求める学生像行政組織、企業、地域社会・職場等、市民団体、NPO、研究機関等において研究・企画・運営・管理等の業務に就き、さらに高度な研究能力とそれに基づく指導能力を獲得し、もってそれらの分野において施策を企画立案する力、組織を運営する力、連携する力を指導的に発揮しようという意思を強く持つ人、及び当該領域において自立的・創造的に高度な研究を遂行することを目指す人。18社会経営科学プログラム22222222社会経営科学特論社会・経済研究法(1)「経済学研究法」社会・経済研究法(3)「社会学研究法」社会・経済研究法(4)「人的資源管理研究法」社会・経済研究法(6)「企業会計研究法」社会・経済研究法(7)「社会経済学研究法」社会・経済研究法(8)「景観計画研究法」社会・経済研究法(9)「環境・エネルギー研究法」」所属プログラム教員坂井 素思 教授北川 由紀彦 准教授原田 順子 教授齋藤 正章 准教授松原 隆一郎 教授宮城 俊作 教授迫田 章義 教授科目名担当教員単位数科目名担当教員科目名担当教員単位数22122※以下の科目名および担当教員は2018年4月現在の予定です。今後、変更になる場合があります。松井 美樹 教授山岡 龍一 教授原 武史 教授白鳥 潤一郎 准教授李 鳴 教授児玉 晴男 教授柳原 正治 教授原田 順子 教授松原 隆一郎 教授宮城 俊作 教授迫田 章義 教授松井 美樹 教授原 武史 教授山岡 龍一 教授 李 鳴 教授柳原 正治 教授北川 由紀彦 准教授齋藤 正章 准教授白鳥 潤一郎 准教授「オペレーションズ・マネジメント研究法」公共政策研究法「政治学・国際政治学研究法」公共政策研究法「法学研究法」社会経営科学特定研究(研究指導)

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る