大学院 博士後期課程案内
23/36

学修・指導上の特色学位取得までのプロセス履修カリキュラムプログラム紹介研究指導体制学長メッセージ沿革人材養成と入学者受入方針博士後期課程の教育目的Q&A 特定研究基盤研究21 ●科目履修と研究指導人文学プログラムは、「哲学・思想」「文学・言語学・美学」「歴史学・人類学」の3つの領域からなる。本プログラムの目的は、有史以来、人類が蓄積してきた人文学の研究成果のうえに、社会のさまざまな場、さまざまな時代に生起する形而上的・形而下的な諸事象を、文学・言語学・美学、歴史学・人類学など、人文学研究諸分野で磨き上げられてきた研究方法で分析し、その意味を探求して、独創性の高い研究を遂行できる社会人研究者を養成するところにある。 ●人材養成目的哲学、文学、言語学、美学、歴史学、人類学及びそれらの学際領域における高度な自立的研究能力を有し、専門的かつ総合的な広い学識を実践に活用するとともに、さまざまなジャンルの文化の普及啓蒙や地域社会・職場等における研究の遂行や公共的施策を高度に指導することのできる人材、及び当該領域において自立的・創造的に高度な研究を遂行することのできる人材の養成を目的とする。 ●求める学生像博物館・美術館等の文化施設、研究機関、文化行政組織、企業の文化活動部門、郷土史に関わるNPO等において研究・企画・運営・管理等の業務に就き、さらに高度な研究能力とそれに基づく指導能力を獲得し、もってそれらの分野において施策を企画立案する力、組織を運営する力、連携する力を指導的に発揮しようという意思を強く持つ人、及び当該領域において自立的・創造的に高度な研究を遂行することを目指す人。人文学プログラム●●●●●●2222222人文学特論哲学・思想研究法(1)「哲学・日本思想研究法」文学・言語学・美学研究法(1)「日本文学研究法」文学・言語学・美学研究法(2)「英語圏文学研究法」文学・言語学・美学研究法(3)「言語学研究法」文学・言語学・美学研究法(4)「美学研究法」文学・言語学・美学研究法(5)「コミュニケーション学研究法」魚住 孝至 教授島内 裕子 教授宮本 陽一郎 教授滝浦 真人 教授青山 昌文 教授大橋 理枝 准教授科目名担当教員単位数科目名担当教員科目名担当教員単位数221222※以下の科目名および担当教員は2018年4月現在の予定です。今後、変更になる場合があります。魚住 孝至 教授島内 裕子 教授宮本 陽一郎 教授滝浦 真人 教授青山 昌文 教授杉森 哲也 教授近藤 成一 教授須川 英徳 教授河原 温 教授大村 敬一 教授稲村 哲也 特任教授大橋 理枝 准教授宮本 徹 准教授魚住 孝至 教授島内 裕子 教授宮本 陽一郎 教授滝浦 真人 教授青山 昌文 教授杉森 哲也 教授近藤 成一 教授須川 英徳 教授河原 温 教授大村 敬一 教授文学・言語学・美学研究法(6)「中国語学研究法」歴史学・人類学研究法(1)「日本史学研究法」歴史学・人類学研究法(3)「文化人類学研究法」歴史学・人類学研究法(4)「日本古代・中世史研究法」歴史学・人類学研究法(5)「韓国朝鮮史学研究法」歴史学・人類学研究法(6)「西洋史学研究法」歴史学・人類学研究法(7)「社会人類学研究法」人文学特定研究(研究指導)宮本 徹 准教授杉森 哲也 教授稲村 哲也 特任教授近藤 成一 教授須川 英徳 教授河原 温 教授大村 敬一 教授222

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る