学部授業科目案内
76/148

74(注)「メディア、放送時間」欄についてはp.1を参照してください(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています)。(注)単位認定試験の平均点については2018年5月1日現在での過去2学期(2017年度第1学期、2017年度第2学期)分を掲載しています。(注)網掛けの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.140をご確認ください。(注)放送授業科目の放送期間はおおむね4年間です(放送期間は事情により変更することがあります)。科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(1128329)事例から学ぶ日本国憲法('13)〈210〉岡田 信弘〔放送大学客員教授北海学園大学大学院教授〕2013年度開設科目2テレビ〔第2学期〕(火)17:00~17:45[第2学期]2019年1月25日(金)5時限(14:25~15:15) 我が国の最高法規である日本国憲法の基本構造、全体像および具体像について、理論的な観点だけでなく、具体的な事例や設問にそくして検討する。たとえば、日本国憲法が第8章で定める「地方自治」については、「地方分権の一環として、広域行政に対応すべく『道州制』が主張されることがあるが、都道府県を統併合して道州にすることに憲法上問題はないか」といった設問を立てて、この設問に対する解答を導き出すために必要な知識や議論を検討する形で講義を進める。ともすれば遠い存在と受けとめられがちな日本国憲法を身近なところで理解することを試みたい。※「市民生活と裁判」「民法」「行政法」「法学入門」「国際法」「現代日本の政治」も履修するとよい。【平均点】2017年度1学期(70.1点)2017年度2学期(65.5点)(1730029)政治学へのいざない('16)〈220〉御厨 貴(放送大学客員教授)山岡 龍一(放送大学教授)2016年度開設科目2ラジオ〔第2学期〕(月)9:15~10:00[第2学期]2019年1月25日(金)7時限(16:45~17:35) 3人の専門の異なる政治学者が、政治の世界について、これまでとは異なった角度からアプローチし、1回読み切りの講義を行なう。それぞれの専門領域の裏側に担保されている筈の政治学の要素を構成し直し、新たに展開する。※思わぬことがらが政治学になりうるという事に発見の喜びを感じて欲しい。政治学とはと固く考えているとおいてけぼりになってしまう。政治学と一緒に遊ぶ精神の柔軟性が必要である。【平均点】2017年度1学期(61.1点)2017年度2学期(66.8点)(1234250)グローバル化と私たちの社会('15)〈210〉原田 順子(放送大学教授)北川 由紀彦(放送大学准教授)2015年度開設科目2ラジオ〔第2学期〕(金)9:15~10:00[第2学期]2019年1月29日(火)5時限(14:25~15:15)ヒト、モノ、カネ、情報が容易に国境を越えて移動するグローバリゼーションという現象は、日本だけでなく世界全体に大きな影響を及ぼし始めている。日本一国だけグローバリゼーションに規制を課すことは不可能な状況であるので、グローバリゼーションに対してどのように対処すべきか考えなければならない時が来ている。グローバリゼーションは経済だけでなくあらゆる分野に変化を求めている。そこで、手始めに、社会と産業コースに所属する教員全員でこの問題を議論する科目を開設する。【平均点】2017年度1学期(82.1点)2017年度2学期(89.8点)(1730088)経営学概論('18)〈210〉山田 幸三〔放送大学客員教授上智大学教授〕2018年度開設科目2ラジオ〔第2学期〕(水)15:30~16:15[第2学期]2019年1月27日(日)8時限(17:55~18:45) 経営戦略と経営組織を中心にして、経営学の概念や理論に関する基本的な論点を説明する。※この科目は「経営システムⅠ(’02)」「経営システムⅠ(’06)」と重複する部分があることを了解のうえ履修してください。(1730037)現代会計('16)〈220〉齋藤 真哉〔放送大学客員教授横浜国立大学大学院教授〕2016年度開設科目2テレビ〔第2学期〕(火)13:15~14:00[第2学期]2019年1月27日(日)5時限(14:25~15:15) なんらかの経済活動を行う主体(個人や組織等)が行う経済活動を把握するために不可欠な知識と言える会計学について、広く一般に習得することが望まれる「教養としての会計学」を考察する。会計は、経済活動を一定のルールに従って記録し、集計し、整理して会計情報を提供する過程である。営利目的の企業や政府、非営利法人等といったさまざまな経済主体について、投資家や債権者、住民、寄付者等といったさまざまな会計情報利用者、特に外部の情報利用者の立場を踏まえながら、会計学を体系的に検討する。※教科書を読み、映像教材を見たうえで、各自が積極的に実際の会計情報に触れ、参考文献等を渉猟することが期待される。【平均点】2017年度1学期(59.7点)2017年度2学期(62.0点)社会と産業コース社会と産業コース 導入科目

元のページ  ../index.html#76

このブックを見る