大学院(修士課程)授業科目案内
37/52

35(注)単位認定試験の平均点については2018年5月1日現在での過去2学期(2017年度第1学期、2017年度第2学期)分を掲載しています。(注)網かけの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.46をご確認ください。自然環境科学プログラム(科目コード)科目名主任講師名単位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(6960030)現代生物科学(ʼ18)加藤 和弘(放送大学教授)二河 成男(放送大学教授)「現代生物科学(ʼ14)」の単位修得者は履修不可2018年度開設科目2オンラインテレビ・ラジオによる放送は行わない。開講期間中にインターネットで受講すること。通信指導、単位認定試験および再試験は行わない。各回の授業の最後に、小テストを実施する。小テストの配点は1回あたり4点とする(計15回、60点)。授業の途中に1回、最終回終了時に1回、記述式のレポート課題を課す。配点は各20点とする(計2回、40点)。小テストとレポートの点数を合計し、100点満点で評価する。 現代における生物学の進展を踏まえ、生物とそれに関わる諸現象の理解のために重要な事項を講義する。生物に特徴的な現象として、遺伝情報の伝達、エネルギー代謝、物質収支の動的平衡、そして自然選択による進化などがある。分子、細胞、器官、個体、個体群、群集といった生物界の主要な階層に着目しつつ、これらについて論じる。また、現代の生物学と人間生活との関連について、特に生物多様性の観点から説明する。※学部における科目の「初歩からの生物学」「生物環境の科学」「生命分子と細胞の科学」「生物の進化と多様化の科学」「植物の科学」「動物の科学」などを履修しておくことが望ましい。※次の本をご自身で用意する必要があります。大学より受講生の方へお送りすることはいたしません。 松本忠夫、二河成男著『現代生物科学-生物多様性の理解-』 (放送大学教育振興協会、2014年、ISBN978-4-595-14029-7) ¥3,240(税込)※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。※印刷教材はありません。通信指導は行わない。※詳細はp.46参照(6960014)生物の種組成データの分析法(ʼ16)加藤 和弘(放送大学教授)2016年度開設科目2オンラインテレビ・ラジオによる放送は行わない。開講期間中にインターネットで受講すること。通信指導、単位認定試験および再試験は行わない。各回について、小テストを行うか、またはミニレポートの提出を求める。全講義が終了した後にレポートの提出を求める。配点は小テストおよびミニレポート各回が4%(15回計60%)、最終レポートが40%とする。 ある場所においてみられる生物の種組成を分析して生息場所としての現状を評価し、さらにその結果を別に計測された環境条件と対応させることにより、生物生息場所としての機能に関係する要因を推測することは、生物生息場所の保全や評価、再生に関する研究や実務において、重要な役割を果たす。本科目は、このような作業を行うにあたって必要な考え方と、データ処理手法について学習する。※パソコンの操作が円滑に行えること(特にフリーソフトウェアのダウンロードとインストールが自力で行えること)、Excel(または同様の表計算用ソフトウェア)上で四則計算と簡単な関数計算、データや計算式のコピーとペーストなど基礎的な操作が問題なく行えること、分析により出力されたグラフや表を貼り付けたミニレポートや最終レポートを、Excelまたは適当な表計算ソフトウェアまたはワードプロセッサーソフトウェアで作成できること。以上の条件を満たしていない場合、学習や課題提出が円滑に行えないことが予想される。 詳細は放送大学ホームページに掲載しているオンライン授業体験版(http://online-open.ouj.ac.jp/)の「生物の種組成データの分析法」を必ず確認すること。※印刷教材はありません。通信指導は行わない。※詳細はp.46参照(8960577)現代物理科学の論理と方法(ʼ13)米谷 民明放送大学客員教授東京大学名誉教授2013年度開設科目2ラジオ〔第2学期〕(金)1:30~2:15[第2学期]2019年1月26日(土)4時限(13:15~14:05) 物理学は、物質と時空を研究対象として、普遍的な法則性の理解を深めてきた。その過程で、特定の研究対象だけに限らず、対象の空間・時間スケールを超えて異なるスケールで有効な様々な物の見方(論理)や方法論が発展した。本科目では、従来の科目の一般的分類にとらわれずに、広い範囲で有効性を持つ物理科学の基礎的な考え方・方法論とその具体的応用に焦点を当て、物理科学の基礎としての現代物理学の神髄について最先端の成果や将来の展望も含めて、大学院科目ではあるが、初学者が入門しやすいように工夫した講義を行う。※物理学全般について放送大学学部導入科目の「物理の世界」程度以上の理解があることを最低限の前提とする。放送大学学部専門科目「力と運動の物理」等を履修したのと同等レベル以上の知識や運用力があるのが望ましい。【平均点】2017年度1学期(70.5点)2017年度2学期(67.5点)(6960057)計算で紐解く物質科学・環境科学(ʼ18)橋本 健朗(放送大学教授)安池 智一(放送大学教授)2018年度開設科目2オンラインテレビ・ラジオによる放送は行わない。開講期間中にインターネットで受講すること。通信指導、単位認定試験および再試験は行わない。成績評価は、各回ごとの小テスト(40%)および計算実習の結果をまとめたレポート(2回×30%)の評価により行う。 近年、物質環境科学においてその存在感を大きく増しているのが計算機シミュレーションである。本講義では、もっとも微視的な観点から物質環境科学に資する分子の電子状態シミュレーションについて学び、大気化学などで重要となる分光学的知見との橋渡しを行う。実際の計算実習を交えることで実践的な知識・技法を習得し、現代的な正しい分子像に基づくものごとの見方を得る。※計算機実習を含むため、コンピュータの操作に慣れていることが望ましい。レポートの提出はオンライン上で電子ファイルの形で行う。※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。※印刷教材はありません。通信指導は行わない。※詳細はp.46参照〔〕

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る