大学院(修士課程)授業科目案内
6/52

4公共政策(’17)【社会経営科学】知能システム論(’18)【情報学】生活変動と社会福祉(’18)福祉政策の課題(’18)地域の発展と産業(’15)【社会経営科学】海外の教育改革(’15)【人間発達科学】人類文化の現在:人類学研究(’16)【人文学】社会的協力論(’14)【社会経営科学】公共哲学(’17)【社会経営科学】家族心理学特論(’14)【臨床心理学】現代生物科学(’18)【自然環境科学】心理・教育統計法特論(’15)【人間発達科学・臨床心理学】発達心理学特論(’15)【人間発達科学・臨床心理学】人間発達論特論(’15)【人間発達科学】社会的協力論(’14)【社会経営科学】コンピューティング(’15)【情報学・自然環境科学】食健康科学(’15)生活ガバナンス研究(’15)研究指導健康科学(’15)家族生活研究(’15)生活リスクマネジメント(’17)生活環境情報学基礎演習(’18)現代社会心理学特論(’15)【人間発達科学・  臨床心理学】学校臨床心理学・地域援助特論(’15)【人間発達科学・臨床心理学】ヘルスリサーチの方法論(’13)精神医学特論(’16)    スポーツ・健康医科学(’15)健康・スポーツ科学研究(’17)臨床推論(’16)     医療安全学特論(’16)フィジカルアセスメント特論(’16)障害児・障害者心理学特論(’13)【臨床心理学】研究のためのICT活用(’17)【情報学】臨床病態生理学特論(’17)疾病・臨床病態概論(’17)臨床薬理学特論(’17)特定行為実践特論(’17)特定行為共通科目統合演習(’17)生活健康科学プログラム 生活健康科学プログラム所属の修士全科生は「生活健康科学プログラム」で開設されている科目はできるだけ履修してください。特に「生活ガバナンス研究」は、生活・健康・福祉領域の総合的な位置づけを示している科目ですので、プログラム全体の見通しができるでしょう。 「他プログラム推奨科目」は、他のプログラム科目でぜひ履修してほしいもの、「他プログラム関連科目」は他プログラム科目で履修することが望ましいものです。 ただし、各自の研究テーマによって、上記円環図以外の他プログラムの科目が必要と思われる場合には、その科目を履修してください。 イメージ図例

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る