大学院(修士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
57/68

− 11 −科目名主任講師名単位メディア講  義  概  要投影査定心理学特論(ʼ15)小川 俊樹(放送大学客員教授)伊藤 宗親放送大学客員教授  岐阜大学教授  2015年度開設科目2ラジオ心理査定と心理面接は、心理臨床活動の両輪と目されている。とりわけ、心理査定は伝統的に臨床心理士の主要な業務とみなされている。心理査定にはいくつかの形式があるが、日本の心理臨床の場では、投影法形式の人格検査がもっともよく採用されている。投影法とは、心理検査の一形式であるが、本講では、投影法心理査定について、まず総論として投影法に関する理論を概説し、各論として臨床心理士として必須の各種投影法検査を紹介するとともに、心理臨床の現場でどのように用いられているかを紹介する。心理臨床における法と倫理(ʼ17)津川 律子放送大学客員教授  日本大学教授  元永 拓郎放送大学客員教授  帝京大学教授  2017年度開設科目2ラジオ心理臨床を行う上で知っておくことが必要な法律と倫理について概説する。また、実際に臨床で直面する諸場面において、法律と倫理の考え方がどのように心理支援に役立つかも解説する。人の一生において年代を軸とした心理臨床に関する講義と、医療・保健、教育、産業、司法・矯正・保護など各領域・分野における心理臨床を軸とした講義を2つの柱として、普段、法律や倫理に馴染みの薄い初学者にも理解しやすく、実際の心理支援に役立つ内容を網羅する。臨床心理学プログラム

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る