大学院(博士全科生) 学生募集要項・授業科目概要
54/63

情報学プログラム科目名担当教員名単位講義概要情報学研究法「メディアリテラシー研究法」芝﨑  順司 教授2情報を処理・発信・評価・識別する、いわゆるメディアリテラシーやその教育に関する諸問題の基礎概念や研究動向、研究方法等について学習する。そのため、前半は文献の講読とディスカッションを行う。後半は各自、メディアリテラシーに関する課題をたて、その課題解決を目指すための研究計画を作成し、発表とディスカッションによりその精緻化を図る。情報学研究法「情報教育研究法」辰己  丈夫 教授2情報科学、情報工学、情報倫理学、数学などを学問的背景として、現在の情報基盤・コンピュータ・ネットワークは成立している。情報教育学は、そのような現在の情報社会における、広い意味での知識伝達を対象としている学問である。この講義では、特に、中等教育・高等教育(中学校・高等学校・大学)における学校での情報教育や、企業内教育などの現場における情報教育について、主に、プログラミング教育、情報セキュリティ教育、情報倫理教育の領域において受講者が取り組む博士研究の項目を重点的に取り上げ、講究する。情報学研究法「メディア情報質評価研究法」仁科  エミ 教授2音や映像など視聴覚メディア情報の情報構造を分析する手法、および、その質的違いが人間にもたらす生理的・心理的・行動的影響を捉え評価する手法を、実際の研究例を通して学ぶ。それらの多様な手法を踏まえて、学生が取り組む博士論文の研究課題に適した手法を選択・構築するための資料の調査と研究を行う。情報学研究法「メディア教育研究法」中川  一史 教授2本授業では、メディア教育において基盤となる理論や研究動向・研究方法・学校や授業におけるICT活用実態等について各回のテーマに沿って学ぶ。特に、初等中等教育におけるタブレット端末やデジタル教科書の活用などのICT活用、情報活用能力など、教育の情報化に関する内容を視野に入れながら、研究における課題の設定や問題解決の方法、システムの設計や開発について紹介する。受講生が取り組む研究テーマに関連する基礎知識の習得を目標とする。情報学研究法「ソフトウェア工学研究法」中谷 多哉子 教授2ソフトウェア開発は、近年大きな転換期を迎えている。従来は大規模・複雑化するソフトウェア開発への対処が重大な問題であったが、これからは、解くべき問題が大規模・複雑化するといった時代になりつつある。このような時代背景のもとで、問題をソフトウェアで解決するときに必要となる知識と技術を学習する。また、より実際的な研究を行うための素地を習得するために、受講生には、ケーススタディの基本的な枠組みに基づいて、ケーススタディの計画立案から実施と評価までの一連のプロセスを理解する。情報学研究法「障がい者支援研究法」広瀬  洋子 教授2障害についての概念の変遷と現状を、それを取り巻く文化と関連づけて考察する。また多様な障害の特性への理解を深め、ICTを活用した情報取得の方法についての発展の歴史を知る。障害者支援システムや、アクセシビリティ、ユニバーサルデザインなどの文献を読み込むと同時に、様々な実例を通して、最新の研究動向を学ぶ。情報学研究法「マルチメディア情報処理研究法」柳沼  良知 教授2マルチメディア情報処理の最新の理論や研究動向、研究方法等を学ぶことを目的とする。基礎的な理論から始まり、データ管理構造や情報探索手法、情報パターンの分析・認識手法、大規模データの処理・分析手法などについて学ぶ。博士論文で取り組もうとしている研究テーマ・課題に関連する事柄を体系的に学ぶことで、研究テーマ・課題の意義を明確化するとともに、自立的に研究を進めるための素地を習得できるようにする。− 16 −

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る