教員免許状及び各種資格について
24/50

-23-2019年度 高等学校「教科に関する専門的事項に関する科目」2019年度 高等学校「教科に関する専門的事項に関する科目」科目登録の前に、P.6の「放送大学を利用した教員免許状の取得についての注意」をお読みください。取得しようとする教科教科に関する専門的事項に関する科目 〔注1〕放送大学における対応科目(一種免許状取得に利用できる科目)放送大学大学院における対応科目(専修免許状取得に利用できる科目)科目区分科目区分数 学代数学線型代数学(’17)環入門線型代数(’19)環幾何学非ユークリッド幾何と時空(’15)環解析学入門微分積分(’16)環数理科学(’15)然微分方程式(’17)環解析入門(’18)環演習微分積分(’19)〔注4〕〔注5〕環「確率論、統計学」身近な統計(’18)基社会統計学入門(’18)産統計学(’19)環コンピュータ数値の処理と数値解析(’14)情計算論(’16)然遠隔学習のためのパソコン活用(’17)基コンピューティング(’19)報データベース(’17)情コンピュータとソフトウェア(’18)情理 科物理学場と時間空間の物理(’14)環現代物理の展望(’19)然量子と統計の物理(’15)環初歩からの物理(’16)環物理の世界(’17)環力と運動の物理(’19)環化学エントロピーからはじめる熱力学(’16)環環境工学(’19)〔注4〕経化学結合論―分子の構造と機能(’17)環化学反応論―分子の変化と機能(’17)環現代を生きるための化学(’18)環初歩からの化学(’18)環量子化学(’19)環生物学植物の科学(’15)環野外生物調査法(’19)〔注4〕然動物の科学(’15)環暮らしに役立つバイオサイエンス(’15)総生物環境の科学(’16)環生物の進化と多様化の科学(’17)環初歩からの生物学(’18)環生命分子と細胞の科学(’19)環地学はじめての気象学(’15)環地球を読み解く(’19)〔注4〕然ダイナミックな地球(’16)環初歩からの宇宙の科学(’17)環太陽と太陽系の科学(’18)環宇宙の誕生と進化(’19)環「物理学実験(コンピュータ活用を含む。)、化学実験(コンピュータ活用を含む。)、生物学実験(コンピュータ活用を含む。)、地学実験(コンピュータ活用を含む。)」音 楽ソルフェージュ声楽(合唱及び日本の伝統的な歌唱を含む。)器楽(合奏及び伴奏並びに和楽器を含む。)指揮法音楽理論・作曲法(編曲法を含む。)・音楽史(日本の伝統音楽及び諸民族の音楽を含む。) 〔注6〕音楽・情報・脳(’17)報〔注1〕 「教科に関する専門的事項に関する科目」のうち、「 」内に表示された科目の単位の修得は、当該教科に関する科目の1つ以上にわたって行うこととなっています(教育職員免許法施行規則第4条の表備考第4号)。たとえば、「公民」の「法律法(国際法を含む。)、政治学(国際政治を含む。)」については、「法律学(国際法を含む。)」または「政治学(国際政治を含む。)」のいずれかの単位を修得していればいいとされています。(1つでもよい。)〔注4〕オンライン授業です。オンライン授業について、詳しくは、8ページをご確認ください。〔注5〕「演習微分積分(’19)」は1科目1単位です。〔注6〕 「音楽理論・作曲法(編曲法を含む。)・音楽史(日本の伝統音楽及び諸民族の音楽を含む。)」の放送大学における対応科目には、「作曲法(編曲法を含む。)」についての内容を含んでおりません。

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る