教員免許状及び各種資格について
28/50

-27-2019年度2019年度 養護教諭「養護及び教職に関する科目」及び栄養教諭「栄養に係る教育及び教職に関する科目」 養護教諭「養護及び教職に関する科目」及び栄養教諭「栄養に係る教育及び教職に関する科目」(4)  養護教諭「養護及び教職に関する科目」の対応科目栄養教諭「栄養に係る教育及び教職に関する科目」の対応科目参考法令<教育職員免許法施行規則第9条、第10条>第一欄養護及び教職に関する科目栄養に係る教育及び教職に関する科目左記の各科目に含めることが必要な事項取得対象免許状〔注1〕放送大学における対応科目(一種・二種免許状取得に利用できる科目)放送大学大学院における対応科目(専修免許状取得に利用できる科目)養護教諭栄養教諭科目区分科目区分第二欄養護に関する科目〇養護教諭「養護に関する科目」の対応科目(P.28)栄養に係る教育に関する科目〇第 三 欄養護教諭・栄養教諭の教育の基礎的理解に関する科目等 〔注2〕教育の基礎的理解に関する科目教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想○○発達科学の先人たち(’16)心教育文化の社会学(’17)発戦後日本教育史(’18)心心理と教育へのいざない(’18)心教職の意義及び教員の役割・職務内容(チーム学校運営への対応を含む。)○○現代日本の教師-仕事と役割-(’15)心教育に関する社会的、制度的又は経営的事項(学校と地域との連携及び学校安全への対応を含む。)○○教育学入門(’15)心海外の教育改革(’15)発学校と法(’16)心教育行政と学校経営(’16)発子ども・青年の文化と教育(’17)心生涯学習の新たな動向と課題(’18)発地域コミュニティと教育(’18)心現代の家庭教育(’18)心教育社会学概論(’19)心教育の行政・政治・経営(’19)心幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程○○教育心理学概論(’14)心発達心理学特論(’15)発教育心理学特論(’18)発特別の支援を必要とする幼児、児童及び生徒に対する理解○○障害児・障害者心理学特論(’19)臨教育課程の意義及び編成の方法(カリキュラム・マネジメントを含む。)○○カリキュラム編成論(’17)発第 四 欄道徳、総合的な学習の時間等の内容及び生徒指導、教育相談等に関する科目道徳、総合的な学習の時間及び特別活動に関する内容○○道徳教育の方法(’15)心道徳教育の理念と実践(’16)発教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。)○○学力と学習支援の心理学(’14)心カリキュラムと学習過程(’16)心教育のためのICT活用(’17)情生徒指導の理論及び方法○○現代社会の児童生徒指導(’17)心教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む。)の理論及び方法○○心理カウンセリング序説(’15)心学校臨床心理学・地域援助特論(’15)臨乳幼児・児童の心理臨床(’17)心臨床心理面接特論Ⅰ(’19)臨思春期・青年期の心理臨床(’19)心臨床心理面接特論Ⅱ(’19)臨第五欄教育実践に関する科目養護実習○栄養教育実習○教職実践演習○○第六欄大学が独自に設定する科目○○P.14〔注1〕及びP.15(2)〔注2〕参照空欄の箇所は、該当科目がありません。科目区分の凡例〔大 学〕 心 心理と教育、情 情報〔大学院〕 発 人間発達科学プログラム、臨 臨床心理学プログラム〔注1〕取得希望の免許状に対応している科目かどうか、「取得対象免許状」欄で確認してください。(○印が付いていれば対応しています。)〔注2〕 栄養士免許等を所要資格として栄養教諭免許状を取得する場合の「養護教諭・栄養教諭の教育の基礎的理解に関する科目等」の単位の修得方法は、「教育の基礎的理解に関する科目」、「道徳、総合的な学習の時間等の内容及び生徒指導、教育相談等に関する科目」並びに「栄養教育実習」について、それぞれ1単位以上を修得するものとされています。

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る