大学院(修士課程)授業科目案内
30/52

28社会経営科学プログラム(注)単位認定試験の平均点については2018年11月1日現在での過去2学期(2017年度第2学期、2018年度第1学期)分を掲載しています。(注)網かけの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.46をご確認ください。(注)〈字〉は字幕番組です。(科目コード)科目名主任講師名単位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(8930686)地域の発展と産業(ʼ15)河合 明宣(放送大学教授)「地域の発展と産業(ʼ11)」の単位修得者は履修不可2015年度開設科目2ラジオ〔第1学期〕(水)10:00~10:45[第1学期]2019年7月20日(土)4時限(13:15~14:05) 私たちの生活や生産活動にとっての地域の役割が重要度を増している。これは、グローバル化の中で大きな影響を被った個々の生活及び生産活動の見直し、立て直しを図ることが主要な背景の一つとなっている。地域とは何かを考えるために、今日までに蓄積されてきた地域研究を振り返る。次いで、幾つかの研究方法(ディシプリン)に基づいた地域の理解を具体的に学習する。内発的発展、発展途上国における参加型農村開発等に関する論点整理を通して、対象とする現場において、「地域」の発展に関わるアクター(担い手)を捉え、持続可能な発展(開発)が求められる21世紀の地域像を考えてみたい。【平均点】2017年度2学期(83.6点)2018年度1学期(81.4点)(8930724)公共政策(ʼ17)御厨 貴(放送大学客員教授)2017年度開設科目2ラジオ〔第1学期〕(月)10:00~10:45[第1学期]2019年7月19日(金)7時限(16:45~17:35) 大学院における「公共政策」の講義を政治行政の実務を経験し、今は大学にあって客観的研究に勤しんでいる2名と、研究者として政治・行政の理論と歴史を研究している教員2名とが、それぞれの立場から展開する。御厨はその中間的立場にある。【平均点】2017年度2学期(74.5点)2018年度1学期(78.2点)(8930767)都市社会構造論(ʼ18)森岡 淸志(放送大学特任教授)北川 由紀彦(放送大学准教授)2018年度開設科目2ラジオ〔第1学期〕(金)10:00~10:45[第1学期]2019年7月20日(土)8時限(17:55~18:45) 都市社会学の基本的な概念と理論、その背景にある研究上の問題構成等について論じる。併せて、都市・地域社会に関する具体的なトピックをいくつか取り上げて、そのトピックに関する社会学の研究成果の紹介などを行う。【平均点】2018年度1学期(59.5点)(6930026)環境工学(ʼ19)迫田 章義放送大学教授東京大学教授2019年度開設科目2オンラインテレビ・ラジオによる放送は行わない。開講期間中にインターネットで受講すること。通信指導、単位認定試験および再試験は行わない。毎回の講義中に出題される課題について講義後に自習し、ミニレポートを提出する。それらの提出状況および内容等で成績評価を行う。[「自然環境科学プログラム」と共通] 地球環境問題、再生可能資源・エネルギー、大気環境、環境材料、リサイクル、循環型社会など、持続可能な社会を実現するために必要な分野におけるこれまでの経緯と最近の最先端の研究を、それぞれの専門家が紹介・解説し、環境問題と環境工学を俯瞰的に考える。※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。※印刷教材はありません。通信指導は行わない。※詳細はp.46参照(8930775)人的資源管理(ʼ18)原田 順子(放送大学教授)平野 光俊放送大学客員教授神戸大学教授「人的資源管理(ʼ14)」の単位修得者は履修不可2018年度開設科目2ラジオ〔第1学期〕(土)10:00~10:45[第1学期]2019年7月20日(土)5時限(14:25~15:15) 人的資源管理とは、継続的事業体(going concern、 Betrieb(ドイツ語))において、人を対象とした管理の仕組みを総称した概念である。市場において営利を目的として事業を営む企業の経営においては、この人的資源管理がいち早く発達し、経営学の中でも多くの知識が蓄積されてきた。人的資源管理の変遷、役割等について、企業経営の基本的概念とともに説明していく。また、関連する現代的トピックも取り上げて多面的に学習する。※人的資源管理に対する真摯な関心と基礎的知識を有する方に履修を薦めたい。放送教材からも多くを学んでいただきたい。また、印刷教材の各章末に参考文献を示したので、それらを手掛かりにさらに学習を深めることが望ましい。【平均点】2018年度1学期(64.3点)〔〕〔〕

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る