公認心理師資格について
1/4

公認心理師公認心理師の職域は、臨床心理士が働いてきた以下のような職域と重なると考えられています。臨床心理士は、臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を扱う専門家です。 内閣府が認可する「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が、専門のカリキュラムを備えた大学院修了者を対象として受験資格を与えています。一方、公認心理師は国家資格で、大学の学部で広く一般心理学や医学等の指定された科目を履修し、卒業後、指定された科目を開設する大学院に進むか、しかるべき条件を備えた病院などで2年間の実務に就いた人に受験資格が与えられます。学校内の相談室(スクールカウンセラー)、大学の学生相談室、教育センターなど病院・診療所(精神科、心療内科等)、保健所、精神保健福祉センターなど児童相談所、心身障害者福祉センター、女性相談センター、老人福祉施設、児童自立支援施設など家庭裁判所、少年鑑別所、少年院、保護観察所、刑務所など企業内相談室、企業内健康管理センター、安全保健センター、ハローワークなど教育分野医療・保健分野福祉分野司法・矯正分野労働・産業分野臨床心理士との比較公認心理師法では、公認心理師の仕事として以下の4つが挙げられています心理状態の観察・分析心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。支援を要する者に助言・指導心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。支援を要する者の関係者も援助心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。心の健康に関する知識の普及心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。公認心理師は2015年に成立した「公認心理師法」に基づく、心理職の国家資格です。放送大学は、2019年度第1学期から公認心理師対応カリキュラムを学部段階で開設します。放送大学では毎年約1,000名の教養学部所属の学生が、認定心理士の資格取得要件を満たしています。また、大学院臨床心理学プログラムでは、過去13年にわたり毎年約30名が修士課程を修了し、臨床心理士になる道を拓いています。そして、2019年度からは、国家資格である公認心理師の資格取得も目指せるようになります。スタート!対応カリキュラムが2019年度から放送大学で

元のページ  ../index.html#1

このブックを見る