教養学部案内
38/48

36 36 06course本コースは、大きく分けると、「生命・生態系」、「物質・エネルギー系」、「宇宙・地球系」、「数理系」の分野から成り立っていて、主としていて、主として自然を相手にして科学を学ぶコースです。生物コースです。生物学、物理学、化学、天文学、地球科学、数学に加えて、エネル学、物理学、化学、天文学、地球科学、数学に加えて、エネルギー問題や生態系等の広い分野を、なるべくギー問題や生態系等の広い分野を、なるべく楽しく学べるように工夫しています。基盤科目として、うに工夫しています。基盤科目として、「初歩からの…学」を多くの分野について用意しましたので、自然科学について、取っくの分野について用意しましたので、自然科学について、取っつきにくいと思っている人、初めて学ぶ人、大学での講義につつきにくいと思っている人、初めて学ぶ人、大学での講義についていけない人たちはぜひ履修していていけない人たちはぜひ履修して基礎を理解し、その後で導入科目や専門科目に進みましょう。これまでもそうでしたが、導入科目や専門科目に進みましょう。これまでもそうでしたが、これからも日本の進む道は、自然科学の理解に基づいたモノこれからも日本の進む道は、自然科学の理解に基づいたモノ作りと環境対策の開発にかかっています。しっかり学びましょ作りと環境対策の開発にかかっています。しっかり学びましょう。そして、疑問や分からないことがあったら遠慮なく質問してう。そして、疑問や分からないことがあったら遠慮なく質問してください。地味な努力こそ、科学の理解を前進させ、深化させる道です。〔学習内容とねらい〕自然と人の接点をを学ぶ自然と環境コース

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る