学部授業科目案内
40/158

38(注)「メディア、放送時間」欄についてはp.1を参照してください(BS放送、学習センター等での視聴について説明しています)。(注)単位認定試験の平均点については2019年5月1日現在での過去2学期(2018年度第1学期、2018年度第2学期)分を掲載しています。(注)網掛けの科目はオンライン授業科目です。課題実施スケジュールの確認方法はp.150を確認してください。(注)放送授業科目の放送期間はおおむね4年間です(放送期間は事情により変更することがあります)。(注)〈字〉がついている科目には字幕が付与されています。(外国語)基盤科目基盤科目(外国語)科目コード科目名ナンバリング主任講師名単 位メディア放送時間単位認定試験日・時限講義概要平 均 点(5142016)教養で読む英語(’19)〈130〉大橋 理枝(放送大学准教授)2019年度開設科目2オンライン 〈字〉テレビ・ラジオ等による放送は行わない。開講期間中にインターネットで受講すること。通信指導、単位認定試験および再試験は行わない。成績評価は、毎回の小テスト(15回分合計で75%)、及びその他に設ける課題(全体で25%)の評価により行う。 自然科学、社会科学、人文学の幅広い分野からテキストを選び、それらを精読していくと共に、毎回ゲストの先生をお迎えしてそのテキストの内容について解説していただく。※英語で書かれた原文を読むため、一定の英語力があることが前提とされる。「英語事始め(ʼ17)」「耳から学ぶ英語(ʼ18)」などを履修した後の履修を勧める。※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。※印刷教材はありません。※卒業要件上は「面接授業またはオンライン授業の単位数」として取り扱います(p.8参照)。通信指導は行わない。※詳細はp.150参照(5142024)看護・医療の英語(’19)〈110〉三品 由紀子〔放送大学客員准教授電気通信大学准教授〕大石 和欣〔放送大学客員教授東京大学大学院教授〕2019年度開設科目1オンライン 〈字〉テレビ・ラジオ等による放送は行わない。開講期間中にインターネットで受講すること。通信指導、単位認定試験および再試験は行わない。成績評価は、小テスト(第8回の最終テストを含む)70%とレポート(第4回履修後に提出)30%とする評価により行う。 看護・医療の現場で必要な英語の語彙や文法について、会話パターンを中心に基礎的な知識を習得する。また類似した状況において、応用ができるように多くの表現事例を学ぶ。※本科目の受講には、インターネットなどの受講環境が必要です。詳細は本学ホームページをご参照ください。※印刷教材はありません。※卒業要件上は「面接授業またはオンライン授業の単位数」として取り扱います(p.8参照)。通信指導は行わない。※詳細はp.150参照(1430017)ドイツ語Ⅰ(’19)〈110〉森 芳樹〔放送大学客員教授東京大学大学院教授〕CD付2019年度開設科目2テレビ〔第2学期〕(火)6:00~6:45[第2学期]2020年1月26日(日)4時限(13:15~14:05) テレビとラジオを使って、ドイツ語の初歩をマスターすることを目指す。ドイツ語初級文法を習得しながら、さまざまな表現と読解の方法を学んでいく。テレビを利用するこの「ドイツ語Ⅰ」では、会話のスキットなどを使いながら、ドイツ語の初歩を学ぶ。※言語学習には、予習と復習が欠かせない。教材をしっかりと学んでほしい。(1430025)ドイツ語Ⅱ(’19)〈120〉森 芳樹〔放送大学客員教授東京大学大学院教授〕CD付2019年度開設科目2ラジオ〔第2学期〕(水)6:45~7:30[第2学期]2020年1月30日(木)5時限(14:25~15:15) テレビとラジオを使って、ドイツ語の初歩をマスターすることを目指す。ドイツ語初級文法を習得しながら、さまざまな表現と読解の方法を学んでいく。ラジオを利用するこの「ドイツ語Ⅱ」では、対話だけでなく独話のテクストも増やしながら、ドイツ語の談話の基礎を学ぶ。※「ドイツ語Ⅰ」の履修もしくは同等の能力を前提とする。言語学習には、予習と復習が欠かせない。教材をしっかりと学んでほしい。

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る